「ブラックリスト」シーズン3第22話「アレグザンダー・カーク(前編)」(Alexander Kirk)のあらすじと感想(ネタバレ)

camera-1124074_640

シーズン3第22話「アレグザンダー・カーク(前編)」(Alexander Kirk)のあらすじと感想です。

このブログでは、『ブラックリスト』に登場する英語フレーズの解説、詳しいあらすじ、次回エピソードの予告を紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

Photos:NBC

スポンサーリンク

スコティとカーク

トム・キーン(ライアン・エッゴールド)のアパート。

レッド(ジェームズ・スペイダー)は、アグネスのために何かしたいというが、トムは拒否。

レッドは、スコティ(ファムケ・ヤンセン)は、アレグザンダー・カークに雇われただけだ、と告げる。

FBIの調査

レッドがクーパー(ハリー・レニックス)たちに説明している。

アレグザンダー・カークはソビエト崩壊時に鉱山を手に入れ、莫大な資金を持っている。
その資金にものを言わせて、自分の息がかかった議員を大統領選に出馬させようとしていた。

カークに対抗するため、スコティと組む、というレッド。

病院にて

トムがアグネスが入院している病院に行くと、スコティがアグネスを抱いている。

15_NUP_173353_2354

トムが「あんたと組むよ」というと、10分後に迎えが来る。
ソロモンだった。

14_NUP_173354_0280

戦術訓練センター

トムはソロモンとともに山奥にある訓練センターへ。
そこには、クーパー、レスラー、サマール、さらにネズ・ローワンがいた。

05_NUP_173354_0122

カークに対抗するためのミーティングが行われる。

カークを窮地に追い込むため、カークの息がかかった議員の資金を奪うことを計画する。
銀行強盗を装い銀行に侵入、その後FBIが現場検証として銀行に入り、サーバを操作して送金する段取りだ。

銀行強盗

ソロモン、ネズ、トムが銀行に押し入る。

07_NUP_173353_1462
銃撃戦の中、金庫へと向かう。

その後、レスラーとサマールが銀行のサーバルームへ。

06_NUP_173353_1572

ところが、口座へのアクセスには、口座管理人の網膜スキャンが必要だった。

口座管理人

その時、口座管理人はベルリンのトルコ大使館にいた。
この男に接触するために、トムは手配中のトルコ人と偽り、わざと逮捕されてトルコ大使館に潜入する。

取調中、係員を倒してパーティ会場へ。
口座管理人に薬を仕込み、倒れたところを偽の救急車で搬送する。

 

救急車にはソロモンとネズが乗っている。

09_NUP_173353_1374
網膜をスキャンするが、薬のせいで瞳孔が収縮しスキャンできない。

 

そこで、今度は薬局に押し入り、網膜を開く薬をゲット。

そこでトムは、リズの敵であるソロモンの腹を撃つ。

その場に倒れ込むソロモン。

 

トムは救急車に戻る。
網膜スキャンは成功し、アラム・(アミール・アリソン)が無事に送金を完了する。

成功の連絡を受けたスコティは、レッドに「出番よ」と電話する。

宣戦布告

レッドはカークに「カネはもらった。議員もだ」と宣戦布告。
カークは、「思い出すよ、君の口に銃口を突っ込んだことを」と対抗する。

08_NUP_173353_2283

議員に一時的に選挙戦から離脱することにさせ、カークを引きずり出す計画だ。

アグネス

病院に戻ると、アグネスがいない。
何者かに誘拐されたという。

トムはスコティが怪しいをふんで、家に乗り込む。
案の定、アグネスがいた。
カークがアグネスの居場所を突き止めたという情報が入ったので、保護したのだという。

洗礼式

教会ではアグネスの洗礼式が行われている。

FBIのチームが立ち会う。

ひっそりと遠くから見守るレッド。

トムの正体

トムはスコティを殺しに行く。

だが、スコティの部屋には誰もいない。

02_NUP_173353_0917

スコティ夫婦と男の子が写った写真を見るトム。

トムの電話が鳴る。レッドからだ。
「スコティを殺してはならない」という。
そして、スコティがトムの母親であり、クリストファー・ハーブレイヴがトムの本名であることを告げた。

スコティは、息子は死んだと思っているのだ。
トムは幼い頃、死を偽装されたのだ。
そのナゾを知りたいのなら、スコティを殺すわけにはいかない。

スコティとトム

間もなくスコティがやってくる。
トムが写真を見ているのに気付き、28年前、息子がいなくなったと言う。

「この部屋に来るとき、いつももしかして息子が戻っているんじゃないかと思うのよ」というスコティ。

16_NUP_173353_1146

そして、「あなたを雇うわ。2人ですごい仕事ができる」という。

スポンサーリンク

音楽/サウンドトラック/挿入歌

ちょっとした感想

トムが活躍したエピソードでした。
これだけ見ると、カッコいいんですけどね。
頭もいいし手際も良いし、粛々と冷静に任務をこなすトム・・・。

トムに撃たれたソロモンですが、姿を消していました。
トムは仕留めたと思っているはず。
今後、どう絡んでくるんでしょうかねー。
スコティがトムを雇った以上、ソロモンはハルシオンから距離を置くんだろうし。
こっちのお話は、スピンオフの方で展開するんでしょうね。

レッドはリズの過去だけでなくトムの過去も知っていたわけですね。
まさか、親の因縁が子に報い・・・的な展開なのかなぁ。

『ブラックリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る