「ブラックリスト」シーズン3第19話「ケープメイ」(Cape May)のあらすじと感想(ネタバレ)

star-707319_640

シーズン3第19話「ケープメイ」(Cape May)のあらすじと感想です。

このブログでは、『ブラックリスト』に登場する英語フレーズの解説、詳しいあらすじ、次回エピソードの予告を紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

Photos:NBC

スポンサーリンク

ニックとレッド

レッド(ジェームズ・スペイダー)とニック(リズの元彼で医師)が部屋で向き合っている。

05_NUP_172966_0253
「死にたくない」というニックに、「人は誰でもいつか死ぬものだ」とレッド。

アヘン窟

とある中華料理店。

年寄りの店主が店の奥へと向かう。
ロッカーを開けてスイッチを押すと扉が開く。
階段を降りると、小さな部屋が。ベッドにレッドが寝ている。

アヘン窟だ。
「もう金曜日だよ、もう起きて」とレッドを起こす。

レッドはふらふらして起き上がる。
帽子を手にしたが、ピストルは置いて店を出る。

路上でタクシーにぶつかりそうになるが、そのまま乗り込み「ケープメイへ」という。
300km以上もある、というタクシーの運転手に大金を渡す。

ケープメイ

到着すると、タクシーの運転手にまた札束を渡してタクシーを買い取る。

会計担当のマーヴィンに電話し、取引をすべて一時中断すること、負債をすべて支払うことを指示する。

10_NUP_172967_0025

海岸には休業中のホテルが建っているので、中に入る。

海岸

椅子を出して海岸に座るレッド。

すると、女性が1人いるのが見えた。
ジャケットを脱ぎ、ネックレスを外すと海の中へ。
レッドは海に入り、救出する。

ホテルへと連れて行き、暖炉に火を入れる。
女性は、「彼の死のことじゃない。死ぬ前に酷いことを言ってしまった」という。

 

レッドはそのまま眠ってしまったようだ。

目が覚めると、女性はいない。

2階に上がると、女性がいた。
カーテン越しに外をうかがっている。

「誰かがいる。殺しに来たのよ」。

レッドは斧を持って外に見回りに行くが、誰もいない。

hqdefault

キッチン

女性が、あるもので食事を作る。

4

おいしいと褒めるレッドに、「お腹空いてないくせに」という女性。

「選択の余地はなかった。両方とも死ぬ可能性があった。子供を選んだんだ。今までした最悪の決断だ。傲慢だったんだ。彼女が安全で幸せだと」というレッド。

警官

ノックが聞こえる。

警官だ。近所から、ホテルの明かりが付いているという通報があったらしい。

レッドは偽IDの束から1枚選び、警官に見せる。
警官が帰って行く。

侵入者

また物音がする。

窓が割れている。誰か侵入したようだ。

レッドの背後から男が襲ってきた。
2人で倒し、死体を処理する。

03_NUP_172966_0549
女性は、「奴らの一味よ。もっと来る」という。

死ぬべき人間

ピアノを弾きながら女性が尋ねる。
「死ぬべき人間を助けたことは?」。

 

レッドの頭にトムが浮かぶ(回想シーン)

01_NUP_172966_0183
トムは赤ん坊を抱きながら、「もう関わらないでくれ。あんたがリズにした間違えを、この子にして欲しくない」と言ったのだ。

 

the-blacklist-season-3-episode-19

「愛した女性がいた。我が命だった。でも彼女は死んでしまった。子供を残して。忘れ形見に関われるのならば何でもする。でも、2度と関われない。トムを殺せない。赤ん坊には父親しかいないのだから。」

選択の余地はない

侵入してきた死体を車に積む2人。

女性はまた海岸に行こうとする。自殺するつもりだ。

「自殺は自爆テロと同じだ。近い人間ほど苦しむ」と説得しようとするレッド。

04_NUP_172966_0506
女性は、「私がいる限り子供が危険だとしたらどうする?娘は別の人が育てている。だからこうするの」。

そこに、さらなる刺客がやってくる。

応戦

2人は、ホテル内のいろいろな場所にトラップを作り、敵を待ち構える。
そして、1人ずつ倒していく。

07_NUP_172968_0321

そしてやがて朝になる。

レッドがガレージに行くと、車は古いパンクした車に変わっていた。

キッチンもきれいに片付いている。
まるで何もなかったかのようだ

08_NUP_172968_0243

女性はどこにもいない。
理解できないレッド。

しかし窓から海岸を観ると、女性がまた海に入っていくのが見えた。

海岸へと出るレッド。ところが女性はいない。

振り返ると、金属探知機を使って宝探しをしている男性がいる。

3
「女性を見たか?」と聞くが、「この2週間、見たのはあんただけだ」という。

男性は砂の中からペンダントを見つけた。
レッドはそれを買い取る。
ペンダントを洗うと、「カタリーナへ。パパより」と刻印がある。

2

 

すると、女性が立っている。

1
「私かマーシャだった。あなたは、彼女を通じて私を助けたのよ。いい選択だったわ」という。

 

宝探しの男が、「おい、大丈夫か?」と聞く。
女性は消えていた。

レッドは、「人に会いに行く」といって、ケープメイを後にする。

スポンサーリンク

音楽/サウンドトラック/挿入歌

ちょっとした感想

閉鎖中のホテルに女性を運び込み、暖炉に火を付けようとすると、受付にオーナーである女性が現れ、消えます。
ここで、「すべて幻想なんだ」ということがわかりますね。

「全部レッドが見た幻でした~(アヘンの影響か?)」となりそうですが、ペンダントは本当にあったわけです。

悲しみに沈むレッドの元に、カタリーナがやってきたんでしょうー。

カタリーナとレッドは、恋人同士というよりは仕事仲間という感じがしました。

第13話の「アリステア・ビット」に出てきたジョセフィンの方がずっと恋人、という感じでしたよねぇ。

 

冒頭のニック。
リズの死の偽装にはニックも関わっているはずですよね?

こんな感じでレッドに責められたら、真実を言ってしまいそう。
だって、いくらなんでも元カノのために命ははれないでしょう。

でも、もしもニックが「リズは生きてる」と言っていたら、レッドはケープメイには行かなかったでしょうし。
ニックはどうなったんだろう???

 

あと大事なポイントが。
カタリーナ(の幻)がピアノを弾きながらレッドと話すシーンで。

There was a woman I loved. She was… my life. My heart. And she died. She left behind a little girl. One last, precious piece of herself.

ある女性がいた。とても愛していた。私の命だったんだ。でも、死んでしまった。小さな娘を残して。大切な忘れ形見を。

これは明らかにリズのことです。
「the woman」となっていることから、ファンの間では「女性として愛していたのだ」という論調もあるんだけど、私は違うと思うんですよね。
リズは大人なので、リスペクトして「the woman」を使ってるんだと思う。
恋愛とは別の「愛」でしょう。

 

このエピソードにゲスト出演し、カタリーナ・ロストヴァを演じたのは、ロッテ・ファービーク。
あれ、この方もオランダ人です(トムのおかーさんを演じる女優さんもオランダ人)。

lotte-verbeek

映画やドラマに出演していますが、日本ではあまり知られていない女優さんです。

 

『ブラックリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る