「ブラックリスト」シーズン3第17話「ソロモン(前編)」(Mr. Solomon (No.32) )の詳しいあらすじと感想(ネタバレ)

wedding-1397048_640 (1)

このブログでは、『ブラックリスト』に登場する英語フレーズの解説、詳しいあらすじ、次回エピソードの予告を紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから

Photos:NBC

スポンサーリンク

ソロモン逃走

ソロモンが車で移送されている。

移送中の車にいる捜査官はすべて結社の一味だ。
結社は、失敗したソロモンを処刑しようとしているのだ。

車からソロモンを出し、銃殺しようとするが、何者かがソロモンを救う。

ロースロイスが近づき、窓が開く。
「あなたは誰?」というソロモン。

式の準備

エリザベス・キーン(メーガン・ブーン)とトム(ライアン・エッゴールド)は式の準備に忙しい。
レッド(ジェームズ・スペイダー)がやってきて、ソロモンの企みを知らせる。

02_NUP_172672_0856
彼は、核爆弾を盗もうとしているのだ。

FBI

ソロモンの企みをチームに知らせる。

そのころソロモンは、放射能防護装置を盗むために核研究所にいた。

防犯カメラの映像から、ソロモンに雇われている女が判明した。
元海軍のネズ・ローワン(ダウニー・サイプレス)だ。

cfb8d12e19177e908c0a98925724351e

ネズの潜入先を特定し、踏み込むドナルド・レスラー(ディエゴ・クラテンホフ)とサマール・ナヴァビ(モズハン・マーノ)が現場へ突入。

ネズを確保し、尋問する。
ネズは、「搬送はおとりだ。本物は陸橋の下のバンにあり、橋を爆破する予定だ」という。

トムと少佐

トムが家に戻ると人の気配がする。

ジーナと、なんと少佐がいた。

「お前は最高傑作だが、最大の失望だ」という少佐。
トムを跪かせて殺そうとするが、ジーナが少佐を射殺する。
「会えなくて寂しかった」とトムにいうジーナ。

その後、トムは少佐の死体を処理する。

01_NUP_172672_0414

陸橋の下のバン

レスラーは陸橋へと急行する。
しかし、バンは空っぽだった。

15_NUP_172672_0326

その頃、レッドも何かおかしい・・・と気付く。

そもそも、ネズがソロモンと行動を共にしていないのがおかしいのだ。

レッドはレスラーに電話し「バンはおとりだ。本当の目的はリズだ。教会に急げ」という。

教会

式が始まる前、トムがリズに言う。

05_NUP_172673_0240
「少佐が来たが、もう死んだ。ボクが辞めるといったからだ。これから、こういうことがあるかもしれない。でももう2度と関わらない」という。リズは「一緒に闘いましょう」という。

式が始まる

式が始まった。

09_NUP_172672_0830

すぐにレッドが入ってくる。
アソシエイトもフル装備だ。
「ソロモンの狙いは君だ」という。

間もなくソロモン達がやってきて銃撃戦になる。

06_NUP_172673_0012
ソロモンはレッドに、「こちらが圧倒的に有利だ。狙いはマーシャ・ロストヴァ。依頼主に無傷で渡す。数分やるからどうするか考えろ」という。

トムとリズ逃げる

条件を飲まず、銃撃戦になる。

ところが、クーパーとレッドが弾切れになる。
武器が入ったバッグには届かない。

リズは立ち上がり、バッグの方へと歩いて行く。
自分だけは決して撃たれないとわかっているからだ。
レッドにバッグを渡し、再び銃撃戦に。

 

まもなくレスラーが到着し、トムとリズは車に乗り込む。
途中、パトカーとすれ違う。
遠くなっていく教会の方を振って見るリズ。

スポンサーリンク

音楽/サウンドトラック/挿入歌

ちょっとした感想

リズ、貫禄ありましたね・・・。

しかし、結婚式と核爆弾の略取と、どっちが大事なんだよぉ・・・と疑問。
最初にレッドがリズにソロモンのことを告げたとき、「式をさせないつもりなの?」なんて言っちゃってるし。
まぁ、アラムはいつも余裕なので(レッドにプレッシャーを与えられて、慣れたんだと思う・・・)、結婚式の曲を考えたりするのはまぁわかるのですが。良い人だし。

核爆弾が爆発したら大変じゃないですか。
緊急自体でしょ?
それなのに、超忙しいはずのクーパーに、「式を執り行って欲しい」というリズ。
クーパーが「資格がない」というのに、「資格はネットで10分で取れる」ってさ。
1分でも無駄にできないのではないでしょうか???

と、いろいろ疑問はありますが。

アソシエイトのバズが負傷しましたね。

バズとデンベの会話:
バズ: Feels familiar, eh?(思い出すな)
デンベ: Kinshasa.(キンサシャか)
バズ: Let”s hope this ends better than that did.(あのときよりマシだといいが)

キンサシャは、コンゴ民主共和国の首都です。
バズとデンベはつきあい長いみたいです。

それからジーナ。
ジーナが着てた花柄のカットソーが可愛かった~。
アンソロポロジーっぽい。

トムやジーナって、少佐の専属だったのですよね。
私はフリーランスの翻訳者なので、複数のエージェントに登録し、いろんなところから適宜仕事をもらっています。
でもジーナのような仕事の場合、利害関係がいろいろあるだろうから、複数のエージェントに登録するってあり得ないだろうな。

少佐が死んじゃった今、雇い主を探さないといけませんね。
私がジーナだったら、レッドに雇ってもらうかも~

『ブラックリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る