「ブラックリスト」シーズン3第13話「アリステア・ピット」(Alistair Pitt (No. 103))のあらすじと感想(ネタバレ)

zoo_graf2_320

このブログでは、『ブラックリスト』に登場する英語フレーズの解説、詳しいあらすじ、次回エピソードの予告を紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから

Photos:NBC

スポンサーリンク

麻薬カルテルの紛争

とあるレストランで男性が撃たれ、病院に搬送される。
麻薬カルテルの家族の1員なので、これをきかっけに抗争になる可能性がある。

病室に、犬を2匹連れた男性がお見舞いに現れる。

アリステア・ピット(トニー・シャルーブ)だ。

ダウンロード
カルテルのボスに「お力になれるかも」という。

回想シーン

パリ。
レイモンド・レディントン(ジェームズ・スペイダー)が女性と会っている。

Screen Shot 2016-02-23 at 6.37.27 PM_zpsbbfvormd

彼女はジョセフィン。
親密な関係だ。

お土産に、とアンティークのガラス細工のキリンを取り出すレッド。
ジョセフィンは結婚するという。

「愛しているのか」と聞くレッドに、「私が愛しているのはあなただけ」というジョセフィン。

images

次のターゲット

レッドがエリザベス・キーン(メーガン・ブーン)のアパートにいる。
次のターゲットは、アリステア・ピットだ。

彼は、普段は深く潜伏しているが、犯罪グループに問題が持ち上がると、それを仲裁するいわゆる仲介屋だ。
今回も、犯罪グループの仲介をするために動いているという。

もしも仲介が成功し、麻薬カルテルが合併すれば、メキシコのカルテルに匹敵するほどの規模になるだろう。

トムとジーナ

images

ジーナとトム・キーン(ライアン・エッゴールド)が会っている。

ジーナは、トムに呼び出されたのだ。
金が必要だ、と言うトムに、「私を捨てたのに、妊娠中の女のために仕事を紹介しろって?」とジーナ。

今回の仕事は少佐の仕事だという。
現在も少佐はトムを狙っているので危ない。

最終的に、ジーナはトムを仲間に入れることにした。
ターゲットは宝石店だ。

仲介屋

Alistair-Pitt-makes-the-deal.-The-Blacklist-S3Ep13-Alistair-Pitt-Review

仲介屋が、麻薬カルテルのボスに会っている。

合併はお互いに利益があることを説明する。

「合併するには、家族を結べば良い。息子さんと娘さんを結婚させればいい」という仲介屋に、ボスは「あり得ない」と反論する。

結婚したところで相手のファミリーを信頼できないからだ。
ところが仲介屋は、「全員に宣誓してもらうからその点は心配ない」という。

回想シーン

レッドがジョセフィンに会っている。

ゾウのガラス細工をプレゼントするレッド。

そして、ジョセフィンのアザに気付く。

tumblr_o22lcpkla91tp2fg8o1_1280

「ボクなら君を守れる。頼んでくれれば」というレッドだが、「ジェラートを食べにいきましょう。一口あげるわ」と明るく振る舞うジョセフィン。

合併をアレンジ

ダウンロード (1)

仲介屋は、もう一方のファミリーとも会い、合併をもちかける。

ボスは合意するが、問題があるという。
息子にはフィアンセがいるのだ。

「息子さんには我慢していただかないと」という仲介屋に、ボスは「いいだろう。明日会合だ」という。

息子のフィアンセ

ファミリーの息子には彼女がいる。

tony-shalhoub-the-blacklist-01-600x350
仲介屋は暗殺者を手配し、2人を待ち伏せして彼女を射殺させる。

レッドが接触

レッドがファミリーに接触する。
旧知の仲のようだ。

合併について尋ねると、「子供は嫌がっているが・・・、明日顔合わせだ」という。
そして、ゲストとしてレッドを顔合わせに招待した。

もう一方のファミリーも合併には消極的だ。
「娘を渡したくない」という妻に、「大丈夫だ。明日、奴らを皆殺しにする」というボス。

ジーナとトム、宝石店を襲う

ジーナが客になりすまし、泥棒したとことを、FBIの捜査官になりすましたトムが逮捕する。

そして、「奥の部屋に監禁する」とジーナを連れて行き、裏のドアから宝石と伴に脱出する。

パーティが始まる

両ファミリーの顔合わせが始まり、ホテルに次々とメンバーが到着する。

現場を押さえようと、FBIが張り込んでいる。

会場にレッドが到着した。
レッドは挨拶してまわる。
花嫁の母親の機嫌が良すぎるので、何かあると感じる。

裏に回ると、案の定、武器を用意していた。

06_NUP_172169_0032_EDIT (1)
まもなくパーティが始まった。

レッドがスピーチする。「この結婚はビジネスだ。仲介した彼に拍手を送りたい。フィアンセを殺して相手のせいだと思い込ませた手腕は見事だ」。

09_NUP_172169_0191
すると、仲介屋がやってくる。
まもなく撃ち合いが始まった。

騒ぎに紛れて、レッドは仲介屋を連れ出す。

FBIにて

麻薬カルテルを取り押さえ、一件落着のFBI。

サマール・ナヴァビ(モズハン・マーノ)がリズに言う。

シュールとディナーだった。デートだと思ったのに、実は彼は婚約していたのだ。「私と別れたすぐ後に・・・。自分が何をしていたんだろうって思うわ」と涙ぐむ。

ベビーシャワーの希望を聞くと、リズは「ベビーシャワーはない。養子に出すの」という。

回想シーン

ジョセフィーンからの電話。レッドとのことが夫にばれたという。

レッドが駆けつけたとき、ジョセフィーンは瀕死の状態だった。
怒り狂う夫を射殺するレッド。

レッドの復讐

Alistair-Pitt-Tony-Shalhoub-listens-to-Reddington.-The-Blacklist-S3Ep13-Alistair-Pitt-Review

仲介屋ととある部屋にいるレッド。

「この部屋は4年間に買った。いつかお前を連れてくるために。東欧最大の武器商品の娘のジョセフィーンを憶えているだろう。お前が結婚させたんだ。暴力的なサイコと」といい、仲介屋を射殺する。

リズの養子

Liz-arranges-for-the-adoption.-The-Blacklist-S3Ep13-Alistair-Pitt-Review

養子斡旋業者から連絡がある。
顔合わせの場に、相手の夫妻は来なかった。
子供の親がリズだとわかったからだ。

「養子に出すのならば、一切接触しないことが条件になる」という。

「私が問題なのね」とリズ。

ジョセフィーン

車椅子の女性。
無表情で生気がない。ジョセフィーンだ。

10_NUP_172169_0873
「終わったよ」と、ガラス細工の水牛を渡すレッド。
ジョセフィーンの目から涙が流れる。

image71-e1455238663954

スポンサーリンク

音楽/サウンドトラック/挿入歌

ちょっとした感想

今回のブラックリスターは、レッドの私怨ですね。
まぁいつもそうなのだけど、ビジネスというよりは敵を取った感じです。
レッドは麻薬ビジネスには手は出さないので、これは完全に個人的な復讐ですね。

ときどき、「レッドって実は潜入しているだけでクリーンな人なのではないか」と思ったりするのですが、これだけ犯罪界の大物とファーストネームで呼び合う仲となると、「本物」ですよねぇ。

レッドはかなり粘着質だなぁ・・・と実感。
リズのことをボコボコにした男も、わざわざ見つけ出して殺しています。
デンベが被害に遭った人身売買のボスも殺していますよね。
しかも、デンベは「殺さなくていい」と言ったのに。
レッドに恨まれるとコワイです・・・。

ジョセフィーンの父親は武器カルテルのボスなので、仕事上知り合ったのでしょうね。
ジョセフィーンとの会話で、行きたいレストランが6ヵ月前に潰れた、という話が出ます。ということは、あまり頻繁には会っていなかったんでしょう。
ジョセフィーンのために部屋を借りて、看護婦さん雇ったりしてるんだろうなぁ。

ジョセフィーンのアザですが、「リズと同じアザじゃないか」という意見もあるようですが、私は単に夫のDVによるアザだと思います。

 

リズが嫌がるのに、かまわず「同志ロストヴァ」と呼び続けた麻薬局の捜査官は、流れ弾に当たって死んでしまいますね。

バチが当たるぞ、ということでしょう。

 

それからサマール。
なんだか、いままでクールで感情を出さない感じで描かれていましたが、ここのところ人間的な面が出ています。
リズに「どうしたの?」と聞かれて。

I had dinner with Levi.
レヴィとディナーに行ったの。
He’s engaged.
彼、婚約してた。
To a woman he met a week after we broke up.
私と別れた翌週、出会った女性と。
And it’s fine.
しょうがないわ。
We were never gonna be It’s just, um I don’t know what I’m doing.
そういう感じじゃなかったし。ただ、でも、私は何をしてるのかなぁって。

サマールは弟を失い、恋人まで失ったんですね。
それでもアラムじゃだめなのか、サマール・・・。

『ブラックリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る