「ブラックリスト」シーズン3第14話「レディ・アンブロジア」(Lady Ambrosia(No. 77) )の予告を解説(ネタバレ)

3743067645_324154cf24_o

シーズン3第14話「レディ・アンブロジア」(Lady Ambrosia)の予告動画を解説します。

このブログでは、『ブラックリスト』に登場する英語フレーズの解説、詳しいあらすじ、次回エピソードの予告を紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから

Photos:NBC

スポンサーリンク

シーズン3第14話「レディ・アンブロジア」(Lady Ambrosia(No. 77) ):スーパードラマTV!から引用

行方不明となり死んだと思われていた子供が、突然 無事に保護された。
レッドとリズは、チームと協力してある女性の捜査を開始する。彼女は子供たちを誘拐しているかもしれない危険な人物だ。
一方トムは、リズを助けるための計画が思わぬ方向へと進み、衝撃的な結末を迎える。

NBCの予告動画

NBCが公開している予告動画「知っておくべき3つのポイント」を解説します。
The Blacklist:Top 3 Things You Need to Know: Episode 14 (Digital Exclusive)
[youtube id=”3ZKd9UXdM8o” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

グレンは金髪女性を見る目がある

レッドはグレンに話しています。

If you find this woman, if you get it done fast, your tawdry liaisons at the no-tell motel will be a thing of the past.
この女の居場所を見つけてくれ。しかも早く。そうしたら、電話のない安モーテルなんて過去の話になるぞ。

As I will personally introduce you to two young ladies you will never forget– soft, warm, blond, and willing.
若い女性を2人、個人的に紹介するよ。柔らかくて暖かくでブロンドで、しかも乗り気な女性をね。忘れられなくなるぞ。

willingやる気まんまんな、熱心な、喜んでやる
「喜んでグレンとお付き合いする」という意味です。

 

グレンはレッドの言う通り仕事をしたんでしょう。
「ウソつきめ!」と怒っています。

レッドは「住所を教えろ」と要求。

Ladies, the kind that walk on two legs, preferably hairless.
女だ。二足歩行の。できれば毛がない方がいい。

でも、レッドが「ホームレス犬だ」というと、グレンは結局飼うことになります。

グレン、優しいじゃないか~!
グレンとレッドのやりとりって面白いですよね。
さすがのレッドもグレンには調子が狂うみたいで振り回されるけど、今回はしてやったり・・・
しかし、グレンは犬が気に入ったようです。

ジーナ、復讐する

強盗が成功し、車で退散する大喜びのグループ。

トムはリズに電話します。
「ボク達は自由だ。レディントンからも逃げられる。すべてのことから」。

ジーナは:

One last chance– Zurich.
最後、1回だけチャンスを頂戴。チューリッヒに。

チューリッヒに一緒に行こう、と復縁をもちかけているのかな?
でもトムは断ります。

ジーナは強盗仲間を撃ち、トムもケガを負います。
「あたしの言うこと聞かないと殺すわよ」ってところでしょうかね。

どこかに逃げ込んで弾を取り出すけど、そのまま気絶・・・(たのむ、そのまま死んでくれ・・・)。

リズの母親の遺体は未発見

レッドはリズに、両親のことを話します。

Your parents loved each other very much.
君の両親は深く愛し合っていた。

The Cold War was hard– too hard for your father.
しかし冷戦は過酷だった。君の父親は耐えられなかったんだ。

When the Soviet Union was collapsing, he took you from her.
ソ連が崩壊したとき、彼は君を母親から取り上げたんだよ。

She gave up everything to follow him, to follow you.
彼女はすべてを捨てて従った。君のために。


The night of the fire– that’s what they were arguing about?
火事の日。ケンカしていたのはそのこと?

Your mother, despite what he’d done, she wanted him back.
君の父親は酷いことをしたが、母親は彼に戻って欲しかったんだ。
She wanted them to be a family.
家族としてね。

As much as it pains me to say it, he was probably the only man she ever really loved.
辛いことだが、君の母親が本当に愛したのは、おそらく君の父親だけだっただろう。


And I shot him.
そして、私が父を撃ったのね。

It was an accident.
あれは事故だったんだ。

Tell me. I need to know.
教えて。知りたいの。

Your mother was never the same after that.
その後、君の母親は変わってしまった。

The man she loved killed by the child she adored– it was just too much.
愛する子供が、愛する男性を殺してしまったのだからね。彼女には受け止められなかったんだ。

Two months later, she went to Cape May and left her clothes on the beach, walked into the ocean, and was never seen again.
2カ月後、彼女はケープ・メイへ行き、海岸に洋服を残して海に入った。2度と戻らなかったよ。

『ブラックリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る