「ブラックリスト」シーズン3第10話局長(後編)」(The Director(No.24) Conclusion)のあらすじと感想(ネタバレ)

1105715238-m

「ブラックリスト」シーズン3第10話局長(後編)」(The Director(No.24) Conclusion)のあらすじと感想(ネタバレ)

このブログでは、『ブラックリスト』に登場する英語フレーズの解説、詳しいあらすじ、次回エピソードの予告を紹介しています。
関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから

Photos:NBC

スポンサーリンク

チーム招集

ミスター・キャプラン(スーザン・ブロマアート)が、レイモンド・レディントン(ジェームズ・スペイダー)のアジトでチームメンバーを待つ。

04_NUP_171667_0100
クーパー(ハリー・レニックス)、アラム・モジダバイ(アミール・アリソン)、マーヴィン・ジェラード、サマール・ナヴァビ(モズハン・マーノ)が次々に到着。

最後に、レッドとデンベ(ハイシャム・トーフィーク)が到着する。

レッドは「ターゲットは局長だ」と説明。
そして、結社の資金調達を妨害し(3話)、ジン(4話)の顧客リストから結社のメンバーを特定し、局長の逃亡資金を断ち(6話)・・・と、着々と準備を続けてきたと説明。

レッドは、結社に局長(デヴィッド・ストラザーン)を切り捨てされるつもりだ。

リズ、連邦裁判所へ

ロナルド・レスラー(ディエゴ・クラテンホフ)とエリザベス・キーン(メーガン・ブーン)は車中。

レスラーは、「ミード基地まで安全に移送する」というが、リズは途中で殺されることを確信。
遺書を書き、レスラーに託す。

レッドの計画

レッドはチームに計画を説明する。

02_NUP_171667_0011
局長夫婦はセラピーに通っている。
妻がパニック障害だからだ。
局長がクリニックに行くように仕向け、そこを拉致する計画だ。

レッドはリズに電話し、「安心しろ。明日で終わる」と告げる。

ヒッチンと局長

ヒッチンと局長は、リズ殺害を計画する。

「裁判所に協力者がいるから問題無い。ミード基地までは生きていけない」と言う。
ヒッチンは、移送中にリズを殺害するつもりで男を雇っていた。

拉致の準備

チームはクリニックが入っているビルへ。
クリニックは6階だが、8階にまったく同じ構造を再現している。

The-Blacklist-Season-3-Episode-10-12-a582
クリニックの前にある馬の置物を用意できなかった。

レッドは、「ボールにリンゴを入れておけ」と指示する。

The-Blacklist-Season-3-Episode-10-24-7dd4

リズ、留置所へ

リズが留置所に到着する。

The-Blacklist-Season-3-Episode-10-9-1b4f
レスラーが付き添っている。

やがて弁護士が来て、リズの罪状を説明した。
CIAの職人14人の殺害、そしてホーキンズ議員と、コノリーの殺害だ。

作戦開始

一方サマールは、局長の妻にわざとぶつかり、コーヒーをこぼす。

「同じ物を」と、クーパーが薬を仕込んだコーヒーを渡す。
それを飲んだ妻は気分が悪くなり、クーパーがタクシーを呼んでクリニックへ。

18_NUP_171666_0051
クリニックの医師が局長を呼び出す。

局長が到着してエレベーターで6階へ。
アラムが改ざんし、8階で停止。

08_NUP_171668_0372
局長と警備が降りる。

ドアの前でリンゴに目をやるが、2つ手に取ってポケットへ。

偽のクリニックの受付は、ミスター・キャプランだ。

「奥へ」と通したところで、睡眠薬を注射。
手早く、死体バッグに局長を押し込め、裏口から逃走。

警備が気付いたころにはもぬけの空だった。

レスラーも動く

レスラーが記者に「これから起こることを大々的に報道してくれ」という。

The-Blacklist-Season-3-Episode-10-33-c835
そしてトム・キーン(ライアン・エッゴールド)に電話する。

トムはカラクルトに「いよいよお前の出番だ」という。

03_NUP_171668_0478
カラクルトは警察に引き渡され、「結社の工作員を逮捕した」という報道が流れる。

そしてレスラーは「キーンは事件とは無関係と考え、捜査中だ」とコメントする。

局長目覚める

局長が目覚めると、飛行機の中だ。
ベネズエラの外相とレッドがいる。

12_NUP_171668_0004

レッドは、局長の戦争行為がジュネーブ条約とローマ規程に違反しているため、逮捕するという。

そして飛行機は、国際裁判所のあるハーグに向かっていると局長に告げる。

14_NUP_171668_0181
「政府は許さない」とヒッチンに電話する。

局長がヒッチンに、誘拐されたことを告げると、ヒッチンはレッドと交渉する。

TVでは、カラクルトの報道が流れている。

レッドは「キーンの無実を晴らすことが条件だ。決断しろ」といって切る。

リズ、移送

リズが移送される。

ヒッチンに殺害を依頼された男が廊下にいる。

ヒッチンは男に計画を中止するように電話するが、通じない。

あせったヒッチンは、レスラーに電話する。
そして、「移送を中止して。暗殺者がいる」と警告。

リズは危うく難を逃れた。

ヒッチン、取引に応じる

ヒッチンはレッドに電話する。

The-Blacklist-Season-3-Episode-10-40-6fc8

すると、ヒッチンの部屋にマーヴィン・ジェラードが入ってきて、交渉を始める。
交渉後、マーヴィンがレッドに電話する。

The-Blacklist-Season-3-Episode-10-41-ad4b
「ほとんどの要求は通ったが、コノリー殺害だけは飲めないという。実際、これはいい取引だ。想像以上だ。手を打とう」という。

マーヴィンは、電話をヒッチンに渡す。
レッドは「取引成立だ。では局長をお返しするよ」という。

ところが、ヒッチンは「処分はおまかせするわ」という。

リズ、取引を飲む

取引の契約書に署名するように言われるリズ。

The-Blacklist-Season-3-Episode-10-43-35e8
リズが「これにサインしたら、もうFBI捜査官にはなれないのね」という。
レスラーは、「そうだ。だがタスクフォースは存続する。クーパーは容疑が晴れて職場に復帰する予定だ。君はこれからもレディントンと伴に、捜査官ではなく政府の協力者として働いてもらう。」という。

レッドから電話がかかってくる。
「完璧とはいかないが、君は安全で、しかも自由だ」というと、「でも、捜査官には戻れない。あなたと同じ協力者になるのよ」というリズ。

「いつか、すべて元通りになる方法を見つけることができるかもしれない。でも今は、取引するんだ」と促される。

リズはサインする。

ヒッチンのメディア発表

ヒッチンはメディアに対して、リズが無罪であることを発表。

The-Blacklist-Season-3-Episode-10-45-a96e
そして、結社が存在し、コノリーもその一員であったこと。
局長も一員であり、国外逃亡したことを発表する。

そして、カラクルト逮捕にレスラーが貢献したことを讃えた。

局長の最期

局長はレッドに、「君の正体を知っているぞ。彼女の何なのかも」という。

その後、飛行機は高度を下げる。

局長は飛行機から落とされ、民家の屋根を破って落下。
即死だった。

クーパー復帰

クーパーが復帰する。

レスラーは「ボクは現場がいいです、政治がらみはお任せします」と嬉しそう。
「ヒッチンが無傷とはしゃくですね」というレスラーに、「いずれ対決する日が来るだろう」とクーパー。

ヒッチンとレッド

ヒッチンとレッドがウイスキーを飲んでいる。
ヒッチンは、結社の弱体化を嘆いている。

そして、「結社を作り直して、自分の席を作るのがあなたの目的だったの?」とレッドに尋ねる。

リズ、釈放

リズが解放される。

夜、人気のない道。

通りの向こう側には、レッドの車が止まっていて、レッドとデンベがいる。
駆け寄り、レッドに抱きつくリズ。

スポンサーリンク

音楽/サウンドトラック/挿入歌

ちょっとした感想

チームを集めるとき、ミスター・キャプランがボディチェックをして武器をすべて集めます。
サマールはピストルを出して、最後にナイフを渡すのですが、キャプランのひと言がよかったですね。

07_NUP_171667_0133
My kinda girl
My kind of girl
私の好みだわ、いいわね!

「そうでしょうとも~!」とおもいました(笑)

そして、レッドが集まったメンバーの前でスピーチ:

Thank you all for coming.
今日は集まってくれてありがとう。

I apologize for the security protocols.
セキュリティが厳しくて申し訳なかった。

But my better half insists.
私の伴侶がどうしても、というんでね。

better half
「伴侶」です。

語源はギリシャ時代に遡ります。
その昔、人間は頭が2つ手が4本という形状だったのですが、それをゼウスが2つに切り離して男と女になったのですね。
元々一体だったので、お互いを自分の「より良い半身」とし、better half と呼ぶのでした。

better half は、夫が妻のことを言うときに使うのが一般的です。
ですから、「伴侶」というよりは、「愛妻」という意味で使うことが多いです。

レッドはもちろん、ミスター・キャプランのことを better half といったわけです。
結婚しているわけじゃないけど、精神的な愛妻ですよねぇ~、確かに。

それにしても、今回のプランを一番喜んでるのはアラムだったかも。
エレベーターを8階で止めてね、といわれると、

Oh, that is so cool. Sleight of hand. I love magic.
わー、すごいなぁ。手品だね。マジックは大好きだよ。

 

『ブラックリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る