「ブラックリスト」シーズン3:トム・キーンは羊の皮をかぶった狼なのか?

wolf-963107_640

またまたアメリカのブラックリストのファンサイトにおもしろい記事があったので翻訳しました。
このブログでは、『ブラックリスト』に登場する英語フレーズの解説、詳しいあらすじ、次回エピソードの予告を紹介しています。
関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから

Photos:NBC

スポンサーリンク

「ブラックリスト」シーズン3のトム、皆さんどう思われますか?

トムはクーパーに頼まれて、カラクルトの一味に潜入しているわけですが、楽しんでいる(殺人を含めて)ような気がしてしょうがないんですよね。
以下、「なるほどね」と思った記事を翻訳します。

なお、激しくネタバレなので・・・よろしくお願いいたします。

シーズン3の中盤、トムはかつての恋人であるジーナ・ザネタコスと再会します。
「ブラックリスト」シーズン3:ジーナ・ザネタコスが復活

そして、メーガン・ブーンの妊娠がドラマのプロットにも反映され(「ブラックリスト」シーズン3の展開:脚本家がリズの妊娠についてコメント)、ドラマの中でもリズは妊娠します。これに乗じて(?)トムはリズにプロポーズするのです。

そして、リズの母親であるカタリーナ・ロストヴァ。彼女は生きているのでしょうか・・・。

以上を踏まえた記事です。

記事の翻訳

トム・キーン(ライアン・エッゴールド)は、騙しのプロだ。
彼はどのような人物にもなりきれるし、人を騙して冷酷に殺すこともできる。

シーズン3では、トムはリズに何度も「ボクは変わった」と言っているが、彼は何をもって「変わった」と言っているのだろうか?

このように、もっともらしいことを言うトム・キーンは、三重スパイである可能性はないだろうか?
リズの母親に雇われているのではないか?
トムは今も「単に仕事をしているだけ」なのではないだろうか?

リズは彼が過去に行った罪を許し、トムは2人の将来のために変われるのか?
トムは、「変化」と「許し」を巧みに武器として遣い、また騙しているのではないだろうか?

この点を検証してみると、トム・キーンが三重スパイであり、トムはまったく変わってはいないと考えられる。
証拠は以下の通りだ。

ナゾのマーク

リズは自宅の床下からトムのボックスを見つけ出す。
このボックスにはなにやらマークが彫ってあった。

oNBA2uh
レッドがサム(リズの養父)を殺した日の写真が入っていた封筒にもこのマークがあったし、ジーナのアパートにあったボックスにも同じマークが刻まれていた。

今のところ、このマークについては明らかになっていないが、トムは何らかの形でこのマークに関係している。
このマークは、リズの母親が率いる組織のものだと考えるのが論理的だろう。

恐らく、トムはレッドに雇われる前に、リズの母親に雇われていたのではないだろうか。

5年間レッドを追ってきたトム

シーズン1で、トムはジョリーンに「レッドを5年間追ってきた」と言っている。
これは、「少佐」に与えられたミッションでもなければ、もちろんレッドに与えられたミッションでもない。

ではなぜトムはレッドを追っていたのか?

リズの母親の依頼か、単なるベルリンの依頼だろうか。
しかし、ベルリンの依頼でレッドを追っていたのならば、ベルリンはなぜリズを捕まえなかったのだろう。レッドを引っ張り出すには、それが一番確実な方法なのに。

トムは、レッドについて実にさまざまな情報を握っている。
リズを本当に愛しているのならば、リズになぜ真実を伝えず、秘密にしていたのだろうか。

ずっとウソをついている

トムは騙しのプロだ。

かつてリズを騙していたのだから、同じ人物をもう一度騙すなんてトムには簡単なことだろう。

リズが愛したのは「良い人」のトムだったが、それはすべてウソだった。
だからシーズン3でも、ウソをつく可能性は十分にある。

シーズン1の最初の頃、リズはトムを良い人だと思っていた。
その後、真実に気付き、ボートに監禁した。だがトムは人殺しを続けた。

その後彼の秘密が暴露されたわけだが、トムはどうやってリズの日常に戻るのだろうか。
トムはリズがかつて愛していた男に戻り、リズはトムは「変わった」と納得できるのだろうか。

トムは本当に変わったのだろうか。
それとも、リズに「変わった」と思わせようとしているだけなのか?

リズの逃亡中も、トムは人殺しを続けていた。

トムはジーナと組んでダイヤモンドを盗み、リズのアパートに銃を運び、ジーナを見つけ出そうとしている。

The-Blacklist-Season-3-Episode-16-15-af84

これはすべて「犯罪」であるだけでなく、すべてリズにはわからないように事を運んでいる。
これが「変わった」男のやることだろうか。

スポンサーリンク

リズを生かしておきたいだけ?

トムのファンは、「すべてはリズを救い、リズの汚名を削ぐためにやったこと」と主張するかもしれない。
「トムはリズを愛しているからよ」という主張もあるだろう。
しかし、本当にそうだろうか?

恐らくトムは、リズを生かしておきたいだけで、それもリズやレッドのためでなく、リズの母親のためなのではないだろうか。

トムがリズにプロポーズしたのも早すぎたし、一緒にいたいと懇願したわけだけど、リズの知らないところではまた何か企むはずだ。

トムが本当に変わって、リズのことを愛しているのならば、なぜジーナと再会したのだろう?

これは恐らく、「少佐」との関係を清算するためだと考えられる。

the_blacklist_2_-_the_major_-_cast
ところが、解消するのは「少佐」との関係だけである可能性もあり、他の誰か(リズの母親?)との関係は切れないかもしれない。

第16話でジーナは誰かに電話している。「少佐」である可能性が高い。

しかし、ジーナは過去にレッドの雇われたことがあるのだから、レッドという可能性がないとも言えない。
リズの母親という可能性もあるだろう。

「考えてるような人間じゃない」

シーズン1で、トムはリズに「レッドは君が考えているような人間じゃない」と言っている。また、「君の父親は生きている」とも言っている。

レッドはリズに、「トムは君が考えているような人間じゃない」と何度も警告している。
シーズン1からシーズン3まで、レッドは一貫して警告しているのだ。

おそらく、リズはトムの真実にまったく気付いていないはずだ。
「真実まで君を導くことはできるが、信じさせることはできない」とレッドが言うように。

以上は、現時点での単なる想像でしかないが、トム・キーンのプロファイリングと事実がこのセオリーを裏付けているのではないだろうか。

 

『ブラックリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る