ブラックリストシーズン2第9話のあらすじ推測とoperation

pv

 

** ネタバレを含みますのでご注意ください **

このブログでは、『ブラックリスト』に登場する英語フレーズの解説、詳しいあらすじ、次回エピソードのあらすじ推測を紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の先取り情報は、こちらから

 

スポンサーリンク

 

今日は、日常生活でも広く使用される単語、operation を取り上げます。

オペレーション」は、日本語でもよく耳にしますよね?

名詞です。一般的には、「動き、働き、運転」などを意味します。

機械の「運転」、ITインフラの「運用」、企業の「業務」、加減乗除の「演算」は、すべて operation です。

 

たとえば、『グレイズアナトミー』や『ER』などの医療系ドラマならば、operation は「手術」です。日本語でも「オペ」なんて言ったりしますよね。

 

犯罪捜査ドラマでは、operation は「作戦」という意味で登場します。そういえば、東日本大震災で、アメリカ軍が緊急救護活動として展開したのが「トモダチ作戦」でした。これは、「Operation Tomodachi」です。

 

『ブラックリスト』(原題:The Blacklist)シーズン2第8話「デカブリスト」(The Decembrist)から。

ベルリン(ピーター・ストーメア)がフィッチ(アラン・アルダ)を誘拐して首に爆弾を取り付けてしまいます。リズに指示されたトム(ライアン・エッゴールド)は、ベルリンからフィッチの居場所を聞き出そうとします。

Tom
I know everything they know about you and your operation

フィッチをさらったことやあんたの作戦は、すべて把握されているぞ

 

 

スポンサーリンク

今回のエピソードで、やはりレッド(ジェームズ・スペイダー)がFBIに投降したのには理由があることがわかりました。シーズン1第4話の「シチューメイカー」で、レッドは情報を引き出していたんですね。

レッドとトムがつるんでいたことにはびっくり。最後に渡した封筒には何が入っていたのでしょうか。現金にしては薄かったので(いや、小切手か)、新しいIDか。

「リズには二度と会うな」とレッドは2度も釘を刺していたけど、NBCのサイトを見る限りトムはこれ以降も出演しているので、これでトムとの縁が切れる・・・というわけではなさそうです。

リズはやっぱりトムを愛しているわけで、トムはリズに「人間としての善良な部分」を見ているのではないでしょうか。レッドはそれがわかるからこそ、不要になった(と私は思う・・・)トムを殺せないのでしょう。船の中のシーンからも、レッドのリズに対する愛情が伝わってきますね・・・。リズにはウソをつかないと断言するレッドが「娘ではない」と言っている以上、娘ではないんだろうけど、だとしたらなんだろう???

 

今回フィッチは壮絶な最期を遂げます。「自分の命令のために命を落とした部下は763人だ」と、フィッチは責任と罪悪感と伴に生きてきたのです。自分がやったことの代償とはいえ・・・。ベルリンも同様ですが、100%の悪人なんていないんだろうなぁ。

今回で、ベルリンのお話は終わり、という感じ。そしてアラン・フィッチなき今、フィッチの秘密結社のメンバーほぼ全員がレッドを潰しにかかるので、レッドがさらに厳しい状況に追い込まれるのは必至です。

アラン・フィッチが言い残した「Fulcrumフルクラム)」ですが、CIA上層の秘密組織に関する情報のようです。フィッチの存在と、レッドがフルクラムを持っていると思われていたことが抑止力になっていたようですね。でも実際には持っていないようだし・・・。

Fulcrum(フルクラム)という単語は「てこの支点」という意味です。スーパードラマ!TVの『チャック』を観ていた方なら「おぉ!」と思うかもしれませんが、「フルクラム」はCIAの内部組織でした。これって偶然でしょうか???

 

さて、第9回「ルーサー・ブラクストン」はどうなるのでしょう。
NBCが公開している「The Blacklist – 3 Things You Need to Know: Episode 9 」(ブラックリスト – 知っておくべき3つのこと:エピソード9)をどうぞ!

[youtube id=”AiohsvNTQH0″ align=”center” autoplay=”no”]

1)ルーサー・ブラクストンが脱獄

レッドが、ルーサー・ブラクストンの脱獄を警告しています。警告もむなしく、ブラクストンは拠点を制圧してしまいます・・・。

2)誰もが狙うフルクラム

現在フルクラムを手に入れようと狙っているのは、レッド、ブラクストン、秘密結社です。

3)CIAが爆撃

ブラクストンが制圧した拠点(レッド、リズ、レスラー、サマルもいます)を、CIAが証拠隠滅のために戦闘機で爆撃します。

 

 

「フルクラム」についてネタバレは、ブラックリスト:アラン・フィッチについて知っておくべき7つのポイント もどうぞ!

これまでの記事、あらすじなどはこちら:

シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る