「NCIS:ニューオーリンズ」シーズン1第5話のあらすじ「人質を捜せ」(It Happened Last Night)

static1.squarespace.com

「NCIS:ニューオーリンズ」シーズン1第5話のあらすじ「人質を捜せ」(It Happened Last Night)です。

*** ネタバレの内容を含みますのでご注意ください ***

このブログでは『NCIS:ニューオーリンズ』に登場する英語フレーズの解説や詳しいあらすじを紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!

キャスト紹介はこちらです。
みどころ5つのポイントはこちらです。
シーズン1の記事一覧は、こちらから   

(Photo:CBS)

スポンサーリンク

バイユーで死体発見

新婚カップルがボートで観光していたところ、海兵隊の死体が発見された。

遺体は、海兵隊の上級准尉ウィリアム・リード。諜報対策を担当し、勤務地はグアンタナモ。尋問官だった。

ロレッタ・ウェイド(CCH・パウンダー)の調べでは、死因は溺死だった。
別の場所で殺された後、運ばれている。
鼻と口に黒い繊維が付着している。水責めを受けたようだった。

105199_d00302b

NCISのヴァンス局長(ロッキー・キャロル)と話がつながる。

FBI、CIA、NSAの各組織に問い合わせることになった。

リードの妻が行方不明

リードの妻、マリリンの行方がわからない。

ドウェイン・プライド(スコット・バクラ)、クリストファー・ラサール(ルーカル・ブラック)、メレディス・ブロディ(ゾーイ・マクラーレン)が自宅に行くと、何者かが侵入した跡がある。

中に入ると、隣人のヘレインがいた。
ヘレインはカジノで勤務している。人の噂話が大好きで、マリリンの日常や習慣もよく知っている。

気になってのぞきに来たという。というのは、マリリンは昨日は在宅だったが、今日はいないからだ。
彼女によると、昨日車が来ていた。ボンネットにメダルがついた黒い車だ。

 

裏庭に出ると、コンクリートの水受けも血痕がある。
手袋の一部も残っていた。
どうやらリードは、ここで頭を打ち付けられ、溺死させられたようだった。

名家、ハンティントン

マリリンの兄はオリヴァー・ハンティントン。ハンティントンといえば、名家だ。

オリヴァーの自宅に向かう。

105199_d00029b
1週間ほどマリリンから連絡がないという。ヨガの合宿に行っているのだろう、という。
マリリンの夫の死を告げる。
オリヴァーは、「マリリンは小さい頃は身体が弱く、アレルギーに悩んでいたが、今は元気になった。妹は彼のためにすべてを捨てた。親が軍人との結婚に反対だったからだ」と説明する。

監視カメラに映ったオリヴァー

マリリンの隣人の監視カメラには、オリヴァーが写っていた。

105199_d00453b
「マリリンに1週間会っていない」というのはウソだったのだ。

さっそくオリヴァー宅に向かう。オリヴァーは車で逃走するが、身柄を確保する。

105199_d00159b

オリヴァーの供述

マリリンは誘拐され、誘拐犯から24時間以内に身代金300万ドルを要求されているという。

誘拐犯からメール送信された動画にはマリリンが映っていた。
殴られたのか、頬が赤くなっている。
映像を、セバスチャン・ランド(ロブ・カークオービック)に回して解析させることにした。

さらに、金の動きを追跡するために、ハンティントン家の財産管理を担当している弁護士に会いに行く。

弁護士バーナード・ラニアー

弁護士は、「オリヴァーの自作自演では?」と懐疑的だ。
というのは、オリヴァーは5年に1回しか信託財産から金を引き出せないが、金に困ったオリヴァーから何度も引き出しの依頼を受けていたからだ。

FBIのトバイアス・フォーネル

トバイアス・フォーネル(ジョー・スパーノ)が、身代金事件のスペシャリストとして派遣されることになった。

「オーガストとコションで夕食、それから名物チキンもな」と軽く口をたたきながら、メンバーと挨拶するフォーネル

マリリンの隣人によると、マリリンのトレーナーを務めていたランスという男が怪しいという。
連行して尋問してみるが、女ったらしのトレーナーであるだけで、犯人ではない。

 

犯人から送られてきたメール(36ワード)から、フォーネルがプロファイリングする。
高学歴、南部生まれ、高収入の白人だ。

遺体があった場所

ロレッタが、遺体の爪から水生菌を検出した。
菌の生息場所は限られているので、遺体があった場所を特定できた。
現場にブロディとクリスが向かう。

 

川辺に家がある。
家に向かって歩いていると、ライフルを構えた男が出てきた。
クリスが隙をついて取り押さえる。この男は、酒を密造していた。
家の裏の川辺には、遺体を引きずった跡がある。

 

男はこの家に住んで半年で、単に密造していただけで殺人は犯していない。

そこで、不動産の記録を追っていく。
すると、土地と建物を購入したのはオリヴァーだった。
ところが、契約したのは弁護士だ。
契約書のサインは、弁護士がオリヴァーの筆跡をまねたものだった。

弁護士

弁護士のオフィスに向かうチーム。

ドアがロックされており、中で銃声が響く。
中に入ると、弁護士は自殺していた。

そして、30秒前に300万円は送金されていた。

これで、マリリンの居所を知っている者がいなくなってしまった。

マリリンの監禁場所

セバスチャンが、動画からスプリンクラーの音を拾ったという。
特殊なスプリンクラーで、設置されている場所は限られている。恐らく温室だ。

温室

温室に向かうチーム。

ランなどさまざまな花が植えられている。
温室の外にトラックがあった。
その荷台を開けると、マリリンが監禁されていた。

 

マリリン発見の報告をうけ、オリヴァーがやってくる。
「ウィリアムは勇敢だった。必死に抵抗した。2回も戦地から戻ってこれたのに、お金のために死んでしまった」と抱き合う2人。

犯人は誰?

プライドは腑に落ちない。

弁護士は、自殺するのになぜ送金したのか? 

プライドは川辺の埠頭へと向かった。
水上飛行機が近づいてきた。
埠頭にはマリリンの隣人がいる。

 

すべて弁護士の計画だったという。
弁護士とは職場のカジノで出会い、ギャンブルで金に困っていた彼が殺人を計画した。
「山分けしましょう」とプライドに持ちかけるが、「君の行き先では金は必要ない」と逮捕する。

スポンサーリンク

ちょっとした感想

今回は、フォーネル登場でした!

NCISでは、フォーネルは妻のダイアンをある事件で殺されてしまいます(ダイアンは、ギブスの元奥さんです。その後フォーネルと結婚しますが、離婚。そして、再婚するはずだった)。

ふと、このエピソードはダイアンが死ぬ前なのか後なのか・・・なんて思っちゃいました。

こういう事件で、犯人が弁護士ってパターンが結構多いですね。

登場した食べ物

プラリネベーコン

images

朝、ブロディが「このプラリネベーコン最高!」といいながらオフィスに入ってきます。

カリカリに焼いたベーコンをピーカンナッツとキャラメルでコーティングしたものです。
げー、おいしそう。
ニューオーリンズの朝食の付け合わせです。

シュリンプ&グリッツ

shutterstock_182372945

 

ブロディが「プラリネベーコン最高」というと、クリスが「シュリンプ&グリッツもね」といいます。

グリッツとは、乾燥トウモロコシの実を粗挽きにしたものを煮込んだ、いわゆるお粥です。

マファレッタ

index 

トバイアス・フォーネルが、NCISニュオーリンズ支局に来ることになり、これが食べたいといいます。

マファレッタは、ニューオーリンズ名物のサンドイッチ。イタリアンブレッドに、サラミ、ハム、スイスチーズ、オリーブ、ピクルスを挟んだ物で、酸味と塩気が強いです。もともと、ニューオーリンズに住むイタリア人が広めたものです。

オーガストとコション

フォーネルが「オーガストとコションで夕食、それからウィリー・メイのチキンを食べたい。」といいます。

オーガスト(August)は、有名フレンチレストラン。

pd-1

コション(Cochon)は、ケイジャン料理のレストラン。

9159504795_a4e148b925 9159526673_37a681ed3f

ウィリー・メイのチキン。

1377788766006-WillieMae3 

すべて、ニューオーリンズを代表するレストランと料理です。 
「ニューオーリンズといえば!」的な存在なのでしょう。

Fornell
Dinner at August and Cochon. Don’t forget chicken from Willie Mae’s.
オーガストとコションで夕食。それから、ウィリー・チキンもね。
Pride
Let it be known that you are not a complicated man, Tobias.
単純な男だな、トバイアス

 

キャスト紹介はこちら
もっと楽しむための5つのポイントはこちら

「NICS:ニューオーリンズ」の記事はこちら

ncis_no

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る