「メンタリスト」シーズン6第22話(最終回)のあらすじ「青い鳥」(Blue Bird)

large

「メンタリスト」シーズン6第22話のあらすじ「青い鳥」(Blue Bird)シリーズ通算138

*** ネタバレの内容を含みますのでご注意ください ***

このブログでは、『The Mentalist/メンタリスト』に登場する英語フレーズの解説や詳しいあらすじを紹介しています。
関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
このエピソードの英語表現は、シーズン6第22話「青い鳥」から:ジェーンの愛の告白をどうぞ!
シーズン6の記事一覧は、こちらから

(Photos:CBS)

スポンサーリンク

大学の寮で殺人事件

大学の寮で学生が殺されたことをうけ、パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)とキンブル・チョウ(ティム・カン)が向かう。

「リズボンのこと平気?」と聞くチョウに、「どうせ口だけ、DCには行かないよ」というジェーンだが、辞令がすでに出ていることと、来週金曜日にDCに出発することを聞いて、急に落ち着かなくなる。

背中にナイフが突き刺さった死体がプールに浮かんでいる。
学生寮に入り、状況を確認し、次々に推論を展開するジェーン。「これで事件は解決したよ」とその場を後にする。

FBIのオフィス

テレサ・リズボン(ロビン・タニー)は明日DCに出発だ。

6x22-4

「寂しいし、最後に知らされたことがショックだ」というジェーンに、「長年パートナーだったから言い出せなかった」というリズボン
「じゃあ残って、行かないで・・・なんてウソだよ。幸せになって。パイクは良い人だしお似合いだよ」という。

FBIへの挑戦状

デニス・アボット(ロックモンド・ダンバー)がチームを招集する。

FBIに挑戦状が届いた。
マイアミで5年前に起きた未解決のグレタ・デ・ジョリオ殺人事件の犯人を語る者からだ。
「グレタを偲んでまた人を殺す」という殺人を予告している。
最後に暗号が書いてある。

752 598 H IS M Key O

当時事件を担当したのはFBI支局長だった。
未解決だったことで非難をあびた支局長は、全力で捜査にあたるよう命じる。
リズボンは出発を延期し、マイアミへ捜査に行くことになる。

6x22-5

アボットジェーンを部屋に呼ぶ。
「様子が変だ。ムリして冷静を装っているな」というが、ジェーンはとぼける。

マイアミ、グレタの夫

マイアミに到着したジェーンリズボンはオープンカーを借り、殺害されたグレタの夫の豪邸へ。

6x22-8

夫は再婚していた。夫、妻、弁護士のランドルフ、娘のクリスティがいる。

ジェーンは、「この手紙を書いたのは、犯人じゃない。犯人がこれを見たら驚くだろうね。FBIが動くんだから」という。
夫は、「バクスターが怪しい」という。当時18歳だったバクスターは、グレタをストーキングしていたというのだ。

バクスターのトレーラー

次に、バクスターを尋ねる。トレーラーハウスに住んでいた。

「あの事件のせいでボクの人生は台無しになった。ボクはストーキングしてない。娘のクリスティが好きだっただけ」という。
ジェーンは、「暗号を解いてみて。何かあったら連絡して」と手紙を渡す。

グレタの友人

チョウキム・フィッシャー(エミリー・スワロー)が、グレタの共同経営者だった女性を訪ねる。

Screen-4834163

プールサイドで、友人のモニカとヨガの最中だった。
グレタとは大学時代の友人で、一緒に会社を立ち上げたという。
そして、「グレタが殺される前に浮気していることを告げられた。でもその後その話は出なかったから、別れたんだと思う」という。

ビーチで散歩

ジェーンリズボンをビーチに誘う。

散歩しながら暗号を解く2人。
手紙の「Do you understand」(ドゥユーアンダースタンド)を、「ディーユー」や「デューイー」と変な読み方をするジェーン

「デューイ十進分類法だわ!」と気づくリズボン
752:色
598:鳥
H:ホテル
アイラモラーダに「ブルーバード」というホテルがある。
Oは天文記号で満月を意味する。満月は明日だ。

「2人で解いたわ、やったわ!あなたじゃない、私が解いたのよ!」とはしゃぐリズボン

チェックイン

ブルーバードホテルに到着する。
チェックインすると、「夕食は正装で」といわれる。
洋服がないというリズボンに「なんとかなるよ」とジェーン

6x22-1
リズボンが部屋に入る。素敵な内装に大喜びする。
ベッドの上にはドレスが3着。
「素敵!」と満面の笑みになる。

ジェーンの部屋に電話がかかってくる。
リズボンだ。

The-Mentalist-Episode-6x22-the-mentalist-37105924-1280-720
「贅沢すぎる。仕事なのに」というリズボンに、「一緒にする最後の仕事だからいいじゃないか。じゃあ夕食で」という。

また電話がかかってくる。アボットチョウだ。
ホテルの下に来ているらしい。

ディナーのテーブル

ジェーンチョウアボットの3人がテーブルに座っている。
「2人で解決できたのに」というジェーンに、「支局長命令で来た」とアボット

そこに、リズボンがピンクのドレスでやってくる。

6x22-3
リズボンはレセプションに「彼にバスローブを購入したいんだけど」という。
「先週予約されたプランに含まれていますよ」といわれ、不審に思う。
手紙が到着したのは2日前だ。手紙の前に予約したことになる。

リズボンが「どういうこと?」と聞くと、ジェーンは「ばれたか。手紙はボクが書いた。これで犯人をあぶり出すよ」という。

怒り心頭のリズボン
「サイテー!」とジェーンに水とかけ、部屋に戻る。

104739_wb_0213b

104739_wb_0193b1

空港へ

リズボンが荷造りしている。

6x22-7

ジェーンがドアをノックする。
当然、話したくないという。

「すまない。ただ、行って欲しくなかったんだ」というが、「あなたはいつもそう。私の気持ちなんて考えない。自分勝手よ。殺された女性を利用するなんて、歪んでるわ。」
本当にすまない、と誤るジェーンに、「本当にそう思っているなら消えて」という。

6x22-6
ジェーン
は自分の部屋に入る。

リズボン、空港へ

リズボンはタクシーに乗り、空港へ。

タクシーが出発する。
一足先にDCに行ったマーカス・パイク捜査官(ぺドロ・パスカル)に電話する。
マーカスは、プロポーズの答えを待っていた。
「決めたわ。結婚する」というと、マーカスは大喜びだ。
「空港まで迎えに行くよ。こっちには君が好きそうな店もあるし、不動産屋も・・・」と話す。
リズボンは、ぼんやりタクシーの外を見る。

アボットとチョウ

テーブルに残された2人は、ワインで食事中だ。

「まんまと騙された」というアボット
「リズボンはなぜあんなに激怒したんだろう。ジェーンに騙されたのはこれが初めてじゃないのに」というチョウ
「わからないのか?」というアボットに、チョウはポカンとする。

ジェーンの部屋

ジェーンは一人、ミニバーの酒を飲んでいる。

そこに、男が入ってくる。
殺されたグレタの家で会った弁護士だ。銃を向けている。
ジェーンは、「グレタの浮気相手?」と見抜く。
復讐するために来たらしい。真犯人がいないことを知ると、銃を置き、2人で飲み始める。

すると、もう一人男が入ってきた。銃を向けている。
トレーラーハウスにいたバクスターだ。
人生をめちゃくちゃにされた復讐のために来たらしい。
真犯人がいないことを知り、結局3人で飲むことになる。

弁護士の後悔

弁護士はグレタと再婚するつもりだった。ところが、浮気がばれれば仕事に支障をきたすという怖れから、自分から別れを切り出したという。
「恐怖と自己嫌悪のせいで一番大切なものを失った。気づいたとき、彼女は死んでいた」と語る。

ジェーンは、「空港に行かなきゃ」と行って立ち上がる。

 

すると、グレタの共同経営者だった女性2人が入ってきた。
真犯人はこの2人だったのだ。
銃を持っている。

真犯人逮捕

ジェーンは、FBIのIDをわざと落として、アボットにメールを送る。

 

「SOZ」とタイプミスだったが、「SOSだ」と気づいたチョウとアボットはジェーンの部屋へ。
銃声がなり、かすり傷を追うが、全員無事。
2人は逮捕される。

ジェーンは、サイレン付きの車を借りて空港に向かった。

渾身の告白

そのときリズボンはすでに機内にいた。

ジェーンはフェンスを乗り越えるが、着地に失敗し足をねんざする。
足を引きずりながらタラップを登る。
飛行機のドアはすでに閉まっていたが、開けてもらい、中に入る。

 

リズボンが座っている席まで行く。

hqdefault
「なぜここに?」というリズボン
「君のいうとおり、ボクはまともに振る舞えない。駆け引きし、人を騙してウソをつく。自分の気持ちを隠すために。距離を縮めるのが怖いんだ。でも、君にもう会えないなんて想像できない。本当は君を愛してる。伝えられてすっきりしたよ。でも、実は今もコワイんだ。でもこれがボクの本当の気持ちだ」と、ジェーンは涙目で訴える。

リズボンの目から涙が流れ、「もう遅いわ」という。

The-Mentalist-6x22-the-mentalist-37171774-800-418

「それでも愛してる」というジェーンを、警備員が連行する。
「伝えられてよかった。愛してる」と叫びながら連れて行かれるジェーン

「恥ずかしいわ」というリズボンに、隣の女性が「ここにいる女性全員がうらやんでるわよ」という。

犯人逮捕

フィッシャーアボットに、「検察は第2級殺人、私は第1級だと思う」というと、「調整してくれ。これから、ジェーンの釈放を求めて空港に行く」と出発する。

ジェーンは空港に拘留されたままになっていた。

再会

ジェーンは監視付きの部屋にいる。
隣では、監視員が見張っている。
足には包帯が巻かれている。

 

そこに誰か入ってきた。
リズボンだ。

「身から出たサビね。足は大丈夫?」と聞く。

DC行きを辞めたというリズボンは、「あの言葉は本当?」と聞く。

「サビのこと?」ととぼけるが、「冗談じゃすまないわよ」とたしなめる。

「一言一句、本当だ」と答えるジェーン
「よかった。私も同じ気持ちよ」というリズボンに、「パイクは?」というと、わかってくれるはず、と答えるリズボン。

 

「もう一度言って」
「何をもう一度?」と、ジェーンリズボンにキスをする。

1
監視員が隣の部屋から、「おい、やめろ!」という。

スポンサーリンク

ちょっとした感想

きゃ~!
あ~~。いいエピソードでした。
リズボンと一緒に泣きました。
事件全体も、ジェーンらしいというか、メンタリストらしい展開でしたね。

「がっかり!」という意見も多いのですが、私は「メンタリスト」らしいと思います。だって、私はハッピーエンドが大好き(というかハッピーエンドじゃなきゃやだ)。「正統派ミステリー」には、正統派のラブストーリーが合ってると思う。

それにしても、アボットいいですよねぇ!
最初は最悪な感じで登場しましたが、彼はジェーンを高く買ってるだけじゃなく、基本的にジェーンが好きなんだよね。観察眼も鋭いし。

でも、ホテルで荷造りをするリズボンの「あなたは身勝手」という台詞、ほんとに納得。
コンビを組んでから、ジェーンの今までの行動が走馬燈のように頭に浮かびましたよ、私は。
レッド・ジョン逮捕の後だって、リズボンを放置して2年もメキシコに行っちゃったし。手紙を書いていたとはいえねぇ・・・。

リズボンがDCに行かないとわかると、とたんに「何をもう一度?」とかとぼけるのが、ジェーンらしいというかなんというか。懲りてないわ。
パイクがいい人だけに気の毒ですが、彼は他によい人を見つけるんじゃないかな。

最後の台詞は、シーズン6第22話「青い鳥」から:ジェーンの愛の告白をどうぞ!

DVD

DVD予約中 シーズン6、次回がいよいよ最終回です!DVD好評予約発売中!

THE MENTALIST/メンタリスト 〈シックス・シーズン〉 コンプリート・ボックス (11枚組) [DVD]

新品価格
¥11,428から
(2015/11/19 12:05時点)

『The Mentalist/メンタリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン6

シーズン7

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る