「メンタリスト」シーズン6第9話「青い楽園」から英語表現:Take it or leave it

sea-429374_640

 

「The Mentalist/メンタリスト」シーズン6第9話「青い楽園」(My Blue Heaven)から英語表現です。

*** ネタバレの内容を含みますのでご注意ください ***

このブログでは、『The Mentalist/メンタリスト』に登場する英語フレーズの解説や詳しいあらすじを紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン6の記事一覧は、こちらから  

スポンサーリンク

南の島からアメリカに帰国したジェーンは、テキサス州オースチンにあるFBIのオフィスへと向かいます。

5カ月前にFBIの研修を終え、現在はFBIの捜査官になったチョウに迎えられたジェーンは、部屋に通されます。そこではリズボンが待っていました。

 

帰国のきっかけは、島にやってきたアボットのオファー。
「これまでの罪を帳消しにする代わりに、FBIのコンサルタントとして5年以上働く」という条件でした。
これに対してジェーンは、リズボンと組むことを条件として提示し、ナプキンに条件を書き出していました。
アボットはそれにサインしたので、当然FBIは条件をすべて飲むだろう、と思っていたのです。

 

ところがアボットは、「君はアメリカ本国にいて、私は連邦政府だ。そんなの単なるナプキンだよ」なんて言うわけです。
島では逮捕できなかったけど、今はできるぞ、と脅しているわけですね。

そして、FBIが作成した契約書を見せます。

 

Abbott
This is the deal. Take it or leave it.
これが契約内容だ。飲むか飲まないか。
Jane
I’ll leave it.
断るよ。

 

Take it or leave it.

条件を飲むか飲まないか(直訳では、「取るか、放置するか」)

 

これ、会社で勤めていたころ、何度言われたことか・・・(遠い目)

「あれこれ交渉する余地はないぞ、二者択一だ」ということです。

 

買い物で値切る状況を考えるとわかりやすいです。

買うか買わないか、2つに1つだ
値段交渉の余地はないよ
嫌なら買わなくていいよ
よければ買ってくれ

 

提示する側は、「最終的なオファーだから、ここで合意に至らなければ決裂してもいいや」という感じですね。
もちろん、「お前しだいだ」と、アボットのように圧力をかける言い方でもあります。
相手に対して親切な交渉をしよう、という態度ではありません。

のるかそるか、どっちにするの?」でもいいですね。

 

犯罪捜査の海外ドラマでは、交渉の場面でよく出てくるフレーズです。おぼえておくと便利ですよ。

 

スポンサーリンク

 

おまけに、2年ぶりのジェーンとリズボンの再会。

Jane
Hello.
やぁ!
Lisbon
Nice beard.
素敵なヒゲね。
Jane
Thank you.
ありがとう。
Lisbon
Thank you for the letters.
手紙、ありがとう。
Jane
Oh, I missed you.
あぁ!会いたかったよ。
Lisbon
I missed you, too.
私も会いたかった。

 

最初にヒゲが目に入ったってこともあるんだろうけど、リズボンは照れもあるんでしょう。

Thank you と言われて Thank you と返し、I missed you と言われて I missed you と返す。
リズボンって可愛らしいなぁと思います。

 

Thank you for the letters. って複数になっているので、ジェーンは何通も手紙を書いたのでしょう。島の郵便局のおばさんは、「あの人、いつも「誰かボクを探しに来なかった?」って聞くわね」と、しょっちゅう来るようなことを言ってみました。

ジェーンが手紙を書く相手はリズボンくらいだし、頻繁に書いてたんだろうな。
そしてリズボンは、1日の仕事が終わったリラックスタイムに、ワインを飲みながら手紙を何度も読み返したんでしょうね~~~。

 

このエピソードの詳しいあらすじは、シーズン6第9話のあらすじ「青い楽園」(My Blue Heaven)をどうぞ!

『The Mentalist/メンタリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン6

シーズン7

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る