「メンタリスト」シーズン6第9話のあらすじ「青い楽園」(My Blue Heaven)

seagull-602364_640

「The Mentalist/メンタリスト」シーズン6第9話「青い楽園」(My Blue Heaven)シリーズ通算125

*** ネタバレの内容を含みますのでご注意ください ***

このブログでは、『The Mentalist/メンタリスト』に登場する英語フレーズの解説や詳しいあらすじを紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン6の記事一覧は、こちらから  

Photos:CBS

スポンサーリンク

レッド・ジョン決着から2

テレサ・リズボン(ロビン・タニー)は、現在署長をしている。今日は、小学校で職場紹介の授業だ。

104069_d0308b

オフィスに戻ると、2年ぶりにFBI捜査官アボットが来た。

104069_d0359b

パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)の居所を聞かれるが、連絡をとっていない、と答える。

ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)とグーレス・ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)とはたまに食事会をしている。
キンブル・チョウ(ティム・カン)とは音信不通だ。

 

とある島で暮らすジェーン

海岸を散歩するジェーン(おそらく、メキシコの島)。

植木に水をやり、お茶を入れて、リズボンに手紙を書く。
「リズボンへ。こっちは順調だ。日課もできたよ。だんだん涼しくなってきた。この前、海岸にイルカの群れが来た。君も楽しめると思うよ」。

最後に、「Miss you(君がいなくて寂しい)」と書き、簡易郵便橋へと持っていく。

21images

通りで子供たちに囲まれる。「コインの手品をやって!」とせがまれ、やってやる。
コインが消えて、子供のポケットに入っていた。盛り上がる子供たち。
子供の1人がある男(オテロ)にぶつかる。
男は子供をどやしつける。

 

仕立屋に行く。シャツを作ってもらっているのだ。

 

海辺のバー

ジェーンは、海辺のバーがお気に入りだ。

カウンターには、英語は話せるが非常に無口な常連客がいつも座っている。

店主の飼い犬、ヒューゴもジェーンにとても慣れている。

 

となりのテーブルに女性が座っていた。
英語の話し相手が欲しいジェーンは、声をかけて仲良くなる。
女性はキムという名前だ。

 

バーに電話がかかってくる。
ホテルの従業員、フランクリンからだ。アメリカ人の刑事がジェーンを探しているという。

「その男について調べてみて」と頼む。

 

ジェーンキムは海辺を散歩する。

104069_d0530b
「この島には奥さんと?」と聞かれ、「妻は死んだ。いろいろあってね。だから指輪を外せない。整理がつかなくて。だからこの島に来た」と答えるジェーン。
2人は街へ行き、ディナーの約束をして別れる。

 

フランクリンの情報

フランクリンに確認すると、ジェーンを探しているのはFBI捜査官のアボットだということがわかった。

さらに、街で子供をどやしたのはオテロという麻薬の売人で、ベトナム人と麻薬の売買をしているという。

 

FBIのアボット捜査官と再会

ジェーン自らアボットに会いに行く。

アボットは、「FBIは君を貴重な人材と判断した。協力するなら起訴をすべて取り下げる」と提案する。
「昔に戻りたくない」というジェーンに、「このオファーには私は反対だ。しかし、捜査は君の天職だ」という。
「これはとてもいい取引だぞ。ここから抜け出してやり直せ。気が変わったら、あと1日いるから会いに来い」という。

 

リズボンたちの食事会

リズボンは、ヴァンペルトリグスビーの3人で食事会をしていた。

104069_d0284b

2人は、ネットワークセキュリティ会社を立ち上げ、順調のようだ。
子供も生まれてた。

104069_d0232b

「CBIが恋しい?」というリズボンに、「時々」と答えるリグスビー
リズボンは、「もう恋しくなくなった。今に満足している」という。

 

2人が帰った後、箱を取り出すリズボン

ジェーンからの手紙が入っている。微笑みながら読む。

 

ジェーンとキムのディナー

あの電話はなんだったの?というキムジェーンは、「仕事に誘われた。でも、戻るのはいやだ。前に進みたい」という。
そして、「1人でいいと思っていたけど、誰かと話をするって大事だね」という。

104069_d1248b

ディナーからジェーンの家へと向かう2人。

ところがジェーンは、後を付けてきたオテロに殴られる。
家までジェーンを運び、手当してやるキム

 

そして朝が来た。
キムはお茶を入れ、「仕事で帰ることになった」と告げる。

 

海岸のバー

店主が、飼い犬のヒューゴを埋めていた。

オテロに吠えたため、殺されたという。

 

そこにキムが来る。「帰ることが後戻りになるとは限らない」とアドバイスし、去って行く。

104069_d1163b

バーの片隅には、いつものように何もいわない常連がいる。
彼をじっと見るジェーン

そして決心したように、ナプキンにFBIで働く場合の条件を書き、アボットに会いにいった。

 

オテロをはめる

フランクリンに、ベトナム人が到着したことを確認したジェーンは、バーにいるベトナム人に会いに行く。

MV5BMjM5NjExNjM2Ml5BMl5BanBnXkFtZTgwNDY5NjU1MjE@._V1_SY317_CR104,0,214,317_AL_

そして、「オテロは寝返った。FBIの情報屋になったから注意しろ」と警告する。

さらにアボットには、「15分後に1443号室に来て」という。

 

アボットが行くと、麻薬取引の真っ最中。麻薬と金、さらに関係者3人を取り押さえることができた。大手柄だ。

 

そこにジェーンがやってくる。ナプキンの条件を見せ、アボットはサインする。

images

 

ジェーン、帰国

ジェーンは帰国し、テキサス州オースチンのFBIオフィスに出向く。

入り口ではチョウが待っていた。
FBIのトレーニングを5カ月前に完了し、現在は捜査官として働いているという。
いつもの調子で、相変わらずジェーンとハグしないチョウ

 

部屋ではリズボンが待っていた。

2年ぶりの再会に喜び、しっかりハグする2人。

3images

そこに、アボットがやってくる。

 

現在、ジェーンの罪は懲役20年または終身刑だが、FBIのコンサルタントとして5年働けば帳消しにするという。
ただし、アボットが監視し、保護観察になるという条件があった。

ジェーンは、「ボクの条件にサインしただろう?」というが、「あれは、読んだ、というサインだ。そんなものただのナプキンだ」と突っぱねる。

1images

ジェーンは、保護観察は受け入れられないことと、リズボンと組むことを条件として再度提示する。
ところがアボットは受理しないので、ジェーンは断った。

 

そこに、キム・フィッシャー捜査官が入ってくる。なんと、島で会ったあのキムだ。

アボットキムに、ジェーンの拘留を指示した。
ジェーンは、「眺めのいい部屋を頼む。ムリならお茶を入れられる部屋がいいな」という。
心配するリズボンに、「大丈夫、心配ないよ」という。

 

スポンサーリンク

ちょっとした感想

リズボン、ジェーンにさっそく心配させられてます(笑)

アボットがリズボンのオフィスに来たとき、リズボンの机に大きなタカラガイが置いてありました。これって、ジェーンのプレゼントなのかな???

ジェーンがいるのは、たぶんメキシコですよね。
「NCIS ネイビー犯罪捜査班」で、ギブスが仕事がいやんなっちゃったときにメキシコに行きました。
まぁ、近いからね~。

 

キムにディナーに誘われたときのスマイルがいい!
ほんとにサイモン・ベイカーはスマイルがステキです。

 

海辺のバーでキムが帰国すると聞き、キムが去ったあと、バーの常連をじっと見るジェーン。
彼に、何年か後の自分の姿を見たのでしょうね。
その後すぐに条件を書き始めます。

 

そして、フランクリンがいいですね~!
ジェーンが帰国するとき、バスに乗り込むジェーンに何か耳打ちします。
なんだろう???あとで出てくるのかな?

 

ここから、タイトルには「赤」ではなく、いろんな色が登場します。ざっと並べると、こんな感じ。

青→緑→白→金→黒→灰色→白→紫→銀→緑→茶→白→黒→青

おまけのメイキング

104069_d1320b

このエピソードの英語表現を解説しています。
シーズン6第9話「青い楽園」から英語表現:Take it or leave itをどうぞ!

『The Mentalist/メンタリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン6

シーズン7

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る