SCORPION/スコーピオンの英語表現:「罪を着せる、ハメる」シーズン1第4話

cobweb-4193_640

*** ネタバレの内容を含みますのでご注意ください ***

このブログでは、『SCORPION/スコーピオン』に登場する英語フレーズの解説や詳しいあらすじを紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください! シーズン1の記事一覧は、こちらから
 

スポンサーリンク

『SCORPION/スコーピオン』シーズン1第4話「仕掛けられた罠」(Shorthanded)から。

まず、タイトルの「shorthanded」ですが、「人手が足りない」という意味です。

 

short には、おなじみ「低い、短い」という意味の他に、「不足している、足りない」という意味もあります。

hand にもいろいろな意味がありますよね。
真っ先に思い浮かぶのは「」ですが、「人手」という意味もあります。

したがって、short handed は「人手不足」となります。
でも、文字通り「短い手」という意味もあるんです。

このエピソードでは、カジノのディーラーのロニーが登場しますが、人差し指が短いという理由で解雇されてしまいました。
短いのは「手」ではなく「指」だけど、「短い」ってところをひっかけてるのかな???

 

スポンサーリンク

 

さて、カジノで強盗事件が発生し、その容疑者としてウォルター・オブライエン(エリス・ガベル)がつかまってしまいます。残されたチームはモーテルへと移り、ウォルターの救出方法を話し合います。

カジノのPCにハッキングしてカジノの財務データをチェックしたいところですが、ウォルターがセキュリティ設定を変更してしまったため、シルヴェスター・ドット(アリ・スティダム)はハッキングできません。
トビー・カーティス(エディ・ケイ・トーマス)はそのあたりの事情がわかっていないので、シルヴェスターがハッキングできない理由がわかりません。

 

Sylvester
If anyone could find out who framed him, he can.
ウォルターに罪をかぶせた奴を見つけられる人がいるとすれば、ウォルターだ。

Toby
Why do you think only Walter can solve this? I mean, who ruined you?
なぜウォルターだけなの?誰のせいでそうなっちゃったの?

ruin:破滅させる、台無しにする

ここは字幕では「誰の影響だ?」となっていましたが、「ん?」と思った方も多かったのではないでしょうか。
文字通りだと、「お前を破滅させたのは誰だ」です。
つまり、「お前がそんな風になっちゃったのは誰のせいだ」となります。
トビーは、「本当だったらお前にもできるはずなのに、できないのは誰のせいなの?」と聞いているわけですね。

 

Sylvester
My dad.
ボクの父さん

「お前がそんな風になっちゃったのは誰のせいだ」という質問に、シルヴェスターは直球で答えてしまいました。
第1話で、「両親には10年会ってない」と言っていましたね・・・。
ちょっと可愛そうになっちゃった・・・。

Toby
It was rhetorical.
言葉のあやだよ。

rhetorical:修辞学上の

「言葉のあや」には、figure of speech という言い方もあります。
結構出てくるので、憶えていて損はないと思いま~す。

 

Happy
If we bail Walter out without figuring out who set him up, he’s just gonna go to trial eventually and get convicted.
助けるにしても、誰がウォルターをハメたかのかを突き止めないと、裁判にかけられて有罪になっちゃうよ。

bail out:助け出す
figure out:解明する
trial:裁判
convict:有罪宣告する
eventually:最終的に

 

今日のフレーズは、fame  set up  です(上記、赤い部分)。

はめる
でっち上げる
濡れ衣を着せる
罪をかぶせる

 

frame は「」ですが、「組み立てる、枠にはめる」という意味があります。
set up は、コンピュータデバイスなどでおなじみ「セットアップ」ですが、でっち上げの状況を「設定」するわけです。

 

ここの台詞では都合よく2つセットで出てきたので、セットで憶えてください!
両方とも、犯罪捜査ドラマにはよく出てきます。

 

『スコーピオン』も4話になり、そろそろ好きなキャラクターがわかれてきたのではないでしょうか?
私は断然シルヴェスターが好きです~!
シルヴェスターを演じるアリ・スティダムは、「衣装がオタクっぽくてイケてない」と不満のようですが、似合ってるんじゃないかな(笑)

 

このエピソードの詳しいあらすじは、SCORPION/スコーピオン、シーズン1第4話の詳しいあらすじ「仕掛けられた罠」(Shorthanded)をご覧ください。

 

『SCORPION/スコーピオン』に関する記事一覧はこちら:

scorpion

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る