グリムGRIMMシーズン1第7話の英語フレーズ: 「目立つ」profile

byron-655871_640

** ネタバレを含みますのでご注意ください **

このブログでは、『GRIMM/グリム』に登場する英語フレーズの解説や詳しいあらすじを紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!

シーズン1の記事一覧は、こちらから
このエピソードのあらすじはこちらです。

スポンサーリンク

『GRIMM/グリム』シーズン1第7回「森の中の少女」(Let Your Hair Down)から、英語表現です。

 

森の中で見つかった少女は、どうやら9年前に行方不明になったホリーらしいことがわかりました。
しかし、まだ確証がありません。
もしも間違えだった場合、9年前にホリーを失った養母は、また悲しむことになってしまいますから、慎重に進める必要があります。

 

ニック・ブルクハルト(デヴィッド・ジュントーリ)とハンク・グリフィン(ラッセル・ホーンズビー)が、レナード警部(サッシャ・ロイズ)に捜査の経過報告をしています。

Renard: You realize you’re gonna be opening up old wounds.
レナード:古傷を開くことになるぞ。

Hank: I know, I lived through it. That’s why we have to be 110% sure.
ハンク:わかってます。だからなんとか対応します。110%の確信がないと。

Renard: And we need to keep a low profile.
レナード: 目立たないように動けよ。

 

スポンサーリンク

本日の単語は、profile です。

日本語には、「プロファイル」と「プロフィール」の2つがありますよね?
実はこれ、フランス語と英語なのです。

フランス語から入ってきた profil は、「プロフィール」です。自己紹介という意味で使われたりします。

profile英語です。『クリミナル・マインド』でおなじみの「プロファイリング」はこちらです。

 

profile (名詞)ですが、一番の意味は「横顔」や「輪郭」です。
さらにそこから、概要、側面図、略歴、人物紹介(いわゆるプロフィール)、分析結果といった意味もあります。

そして、輪郭の鮮明さという意味から、際立ち具合、注目度、という意味もあります。

profile (動詞)は、輪郭を描く、概要を書く、人物評を書く、などがあります。

 

high profile高姿勢、目立つ態度、高い注目度、明確な態度
low profile低姿勢、控えめな態度

 

姿勢や態度だけでなく、物理的な高さを意味することがあります。

ITデバイスで、low profile といえば「薄型」です。

 

keep a low profile はつまり、「低姿勢をキープしろ」ということで、「目立つなよ」ということです。
犯罪捜査の海外ドラマでは、犯人が何かやらかした後、目立たないように潜伏する場合に使ったり、捜査官が目立たないように捜査を進める場合に使うフレーズです。

 

high profile は、次のようなフレーズでよく登場します。

high profile case : 注目を集めている事件

high profile murder trial: 注目を集めている殺人事件の裁判

high profile target : 標的(社会的地位が高い人、知名度が高い人、要人)

 

 

『GRIMM/グリム』に関する記事一覧はこちら:

grimm

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る