『GRIMM/グリム』シーズン1第7話の詳しいあらすじ「森の中の少女」

598647_301020676678189_1274867243_n

** ネタバレを含みますのでご注意ください **

このブログでは、『GRIMM/グリム』に登場する英語フレーズの解説や詳しいあらすじを紹介しています。

関連記事やほかのエピソードの記事もご覧ください!
シーズン1の記事一覧は、こちらから

スポンサーリンク

『GRIMM/グリム』シーズン1第7回「森の中の少女」(Let Your Hair Down)

森での殺人事件

カップルが森をハイキングしている。

森で大麻を栽培しているデルマー・ブレイクは、発覚を恐れてカップルを殺そうとする。
ブレイクは、カップルを拉致した後、物音がしたので森の奥へと入って行くと、太いロープのようなもので首を折られて殺される。カップルは助かった。

 

現場で発見された毛髪

数百万ドルの大麻は無事なのに、寝袋と食料が消えていた。現場検証に来たニック(デヴィッド・ジュントーリ)とハンク(ラッセル・ホーンズビー)は、死体に付着した長い毛髪を発見する。森をさらに調べると、木にも毛髪が付着していた。

ニックは、森の中で長い髪の人影を見つける。後を追うと、「ブルットバッド」(オオカミ型のヴェッセン)に変身するところを目撃する。

 

ブレイクの家族だと名乗る2人が警察に現れ、死体を見せろという。ニックたちは検死局に連れて行くが、どうやら犯罪者らしい。

 

9年間行方不明のホリーであることが判明

現場の毛髪のDNA検査の結果、ホリー・クラークであるとが判明。ホリーは、9年前、7歳のときに行方不明になっており、いまだ見つかっていない(ホリーの親は薬物依存で養子に出されていた)。

 

ニックが情報収集のためにモンロー(サイラス・ウェイア・ミッチェル)宅を訪れると、モンローはクリスマスの飾り付けで大忙しだった。「サンタクロースもヴェッセンだ」というモンローに驚くニック
少女を探しに一緒に森へ行って欲しいとニックに 頼まれ、「9年間も1人で森で暮らしていたなら、とても手に負えない」と断るが、しぶしぶ同意する。

 

ニックがグリムであること知ったヴェッセン3

パブのテーブルで話し込む3人の男性。1人は、ニックの家に冷蔵庫の修理に行った「アイスビーバー」(穏やかで柔和な種族)で、「グリムを見た」と言うが、他の2人は信じない。

真相を確かめようとニックの家へと向かったところ、ニックが帰宅したのを見て驚いて逃げる。

 

モンローとニック、ホリーを発見

森で手がかりを探すニックモンロー。マーキングを嗅ぎ分け、縄張りに入ると、またもや人影が。2人は後を追い、彼女を見失うが、木の上に小屋があるのを見つける。

小屋に入ると、ホリーはケガをしており、高熱で寝込んでいた。

小屋には、失踪当時つけていた髪飾りがあった。「君はホリー・クラークだ」というモンローに、「ホリー・・・」とつぶやく少女。

 

ニックは助けを呼びに行き、モンローは解熱効果のあるゴボウ(ハーブ)を探しに森へ。

一方、ブレイク兄弟は、殺されたデルマーの敵を討とうと森をうろうろしていた。ゴボウを掘るモンローを見つけたブレイク兄弟は、モンローデルマーを殺したと勘違いする。モンローの後をつけ、ホリーの小屋にたどり着く。

ブレイク兄弟はモンローを殺そうとするが、森に戻ってきたニックホリーと協力して撃退する。

 

ホリー失踪事件の再調査

ホリーの失踪事件を再捜査するため、アディソン宅を訪れるハンクウー(レジー・リー)。
失踪当日にアディソンは野犬に噛まれてケガをしたが、実はそれがホリーだったことが判明する。
ホリーの失踪は、アディソンが原因だった。

 

ホリーが養母と再会

ハンクが、養母にホリーが見つかったことを告げる。養母は9年ぶりにホリーと涙の対面をする。
ホリー・・・」と手を伸ばす母に、ホリーは髪飾りを見せて歩み寄り、抱き合う。

 

スポンサーリンク

モチーフとなった物語:「ラプンツェル」

あるところに夫婦が住んでいました。妻は妊娠しますが、隣の屋敷の野菜畑に植えてある「野ちしゃ」(ラプンツェル)が食べたくて食べたくて。仕方がないので、夫が「野ちしゃ」を盗みます。( ↓ 野ちしゃ)

ea08b0d2f4969b5c81c28e0b0cfa32ee

ところが恐ろしいことに、隣家の老婆は、盗みを許すかわりに子供を渡すように言います。老婆は生まれた女の子に「ラプンツェル」という名を付け、森の中にある高い塔に幽閉し、男性蔑視の考えを刷り込みます(男に痛い目に遭わされた復讐)。ラプンツェルは金色の見事な髪を持っていました。それを使って夜な夜な男を塔に引き入れ、一夜を伴にした後で殺してしまいます。朝になると、老婆が死体を川に捨てました。

ある日、ある青年が塔へやって来ます。2人は恋仲になり、やがてラプンツェルは妊娠します。そして駆け落ちし、幸せに暮らしました。

ところが、「塔に言った男が大勢行方不明になっている」というウワサが気になり、ラプンツェルに問いただします。結局うまくいかなくなり、ラプンツェルは子供と夫を残して塔に戻ります。

ラプンツェルに未練があった青年は塔に会いにいきます。ところが、ラプンツェルの愛は冷めていました。「殺していいのかい?」という老婆の誘いに頷き・・・。こうして、ラプンツェルは日常へと戻りました。

 

『GRIMM/グリム』シーズン1に関連する記事の一覧はこちらから!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る