『GRIMM/グリム』シーズン1第6話の詳しいあらすじ「宿怨」

Luscious-animals-mylusciouslife.com-piglet

『GRIMM/グリム』の他のエピソードはこちらをご覧ください。

*** ネタバレの内容を含みます ***

 

スポンサーリンク

『GRIMM/グリム』シーズン1第6話「宿怨」(Three Bad Wolves)

 

ある男性の自宅の爆破事件

ある住宅が爆発した。その家に住むハップ・ラッサーは偶然家の外に出ていて、無傷で助かる。ニック・ブルクハルト(デヴィッド・ジュントーリ)とハンク・グリフィン(ラッセル・ホーンズビー)は、事故と事件の両方から捜査をする。現場でハップと対面したニックは、ハップがブルットバッド(オオカミ型のヴェッセン)であることに気付く。奇妙なことに、先月ハップの兄の家が爆破され、兄は死亡していたのだ。

その夜、ハップの家の残骸に、バイクで何者か(女性)がやって来る。割れた家族写真の額を拾い上げ、その場を立ち去る。

 

警察署では、放火の専門家であるオーソン警部補が、ハップハップの兄の事件をいずれも事故だと結論付けた。

家を失ったハップは、友人であるモンロー(サイラス・ウェイア・ミッチェル)の家に身を寄せることになる。ともにブルットバッドである2人は、旧知の仲だった。規則正しくきれい付きなモンローはだらしないハップに我慢がならないが、気の毒に思い置いてやる。

 

モンローの家で鉢合わせ

ハップの警護のために、ニックモンロー宅を訪れる。ニックが車から降りると、バイクの女性が襲いかかった。家からモンローハップが出てきて止めるが、なんとこの女性はハップの妹のアンジェリーナ(ブルットバッド)であり、モンローが昔付き合っていた彼女だった。ニックは、気性の荒いアンジェリーナが、兄殺害の犯人なのでは、と疑う。

アンジェリーナが怪しいと考えたニックは、その夜、バイクのナンバーからアンジェリーナの住所を割り出し、自宅を捜索する。懐中電灯で家の中を進むニック。そこには、ハップの焼け跡にあった家族写真の額があった。さらに進むと、不意に何者かがニックを突き飛ばし、去って行った。

 

モンローとアンジェリーナの再会

久しぶりに会ったモンローアンジェリーナ。昔を懐かしみ、眠ったハップを1人家に残して森へ。森を駆け回り、再会を喜ぶ2人。

朝になり、森で目を覚ますと、2人とも血だらけだった。どうやら、ウサギを食べてしまったようだ。禁欲生活をしていたのに、アンジェリーナとの再会でそれが台無しになって落胆するモンロー

家に戻ると、ハップは何者かに撃たれて死んでいた。

 

ハップの死と、その犯人

ハップ殺害の報告をうけて、ニックハンクが駆けつける。服に血が付いていたアンジェリーナが疑われ、尋問されるが、「家族を殺すことは絶対にない」とモンローは主張する。鑑識の結果、服の血はウサギであることがわかり、嫌疑は晴れる。モンローは「君も狙われてる」と警告するが、聞く耳を持たないアンジェリーナ

自宅へと戻ったアンジェリーナ。その匂いから、犯人が「バウアーシュヴァイン」(ブタ型のヴェッセン)だと見抜く。そして、仇討ちすることをモンローに告げ、姿を消す。

 

種族の宿怨:バウアーシュヴァインとブルットバッド

ニックハンクが過去の事件を調査したところ、オーソン警部補とハップの家には、昔から確執があることがわかった。そこに、「アンジェリーナが犯人を突き止めた」とモンローから電話が入る。

ニックモンローに協力を頼むが、「アンジェリーナとの野生の思い出は忘れた、関わりたくない」と断られてしまう。

 

兄の敵を討とうと、警察署に侵入するアンジェリーナオーソン警部補の部屋に入って物色しているところを職員に見つかってしまい、アンジェリーナは逃げる。

 

一方、何も知らないモンローが買い物から帰宅すると、銃を構えたオーソン警部補が待っていた。バウアーシュヴァインとして、ブルットバッド一族に対して警告しに来たのだった。

 

ニックはオーソン警部補の家へ

アンジェリーナの家に何者かが放火したという知らせを受け、ニックオーソン警部補の自宅へと向かう。玄関の鍵が開いていたので入ると、オーソンはドロ風呂の中だった。

「グリムとバウアーシュヴァインの関係は昔から友好的だから争いたくない。警官同士だから見逃せ」というオーソンだが、ニックはオーソンを逮捕する。

そこに、アンジェリーナが乱入しオーソンを襲うが、ニックが阻止。隙を見てオーソンが発砲するが、アンジェリーナは逃げてしまう。

 

 自宅で、昔の写真を見て思い出に浸るモンロー。物音がしたので外に出てみると、ハップの家族写真が置いてあった。

 

スポンサーリンク

 

バウアーシュヴァイン(ブタ型のヴェッセン)

ドイツ語の「農夫」と「ぶた」の造語。泥風呂に入ってリラックスし、物事を熟考する。普段はそれほど攻撃的ではないが、ブルットバッドとは何世紀にもわたる宿敵同士。

モチーフ:

「三匹の子ブタ」です。このエピソードでは、ブタと狼が逆になり、狼型のブルットバッド三兄弟がブタ型のバウアーシュヴァインに狙われる、という想定になっています。

 

『GRIMM/グリム』の他のエピソードはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る