ブラックリストシーズン2第16話のあらすじを推測:betray

file0001808395177

第15話「少佐」の詳しいあらすじはこちらです!

ほかのエピソードの記事はこちらからどうぞ!

*** ネタバレの内容を含むのでご注意ください ***

スポンサーリンク

 

シーズン2第15話「少佐」(The Major)は、シーズン1の振り返り、という感じでしたね。
もう一度見直しといてね、ということか・・・。詳しいあらすじは明日アップします。

 

では、まずは今回のエピソードの英語表現からです。

子供のトム(ライアン・エッゴールド)を潜入要員に育て上げたのは、「少佐」(Major)こと、ビル・マクレディ(ランス・ヘンリクセン)です。
トムについて、レッド(ジェームズ・スペイダー)とビルのやりとり:

Keen’s betrayal cost me dearly in time, money, lives.
トムの裏切りのせいで、時間とカネが無駄になったし、人命も失われた

 

「トムの居所を教えろ」と迫るレッドに:

Bill: If I gave you his location, I’d have to betray a client.
Red:That shouldn’t be hard, Bill. You betrayed me.

ビル:もしもトムの居所を教えれば、顧客を裏切ることになる。
レッド:そんなの簡単だろう。君は私を裏切ったんだからね。

 

「裏切り」は、犯罪捜査の海外ドラマでは頻出ですね。恋愛ドラマでも頻出かも(笑)

betray (動詞):裏切る、暴露する

betrayal (名詞):裏切り

betrayer裏切り者

 

ビル役のランス・ヘンリクセンは、『ターミネーター』の刑事役でしたね。元々、ターミネーター役はヘンリクセンが演じることになっていたのですが、アーノルド・シュワルツネッガーに変更になったそうですよ!雰囲気だいぶ変わるなぁ・・・。

 

 

スポンサーリンク

ではでは、第16話「トム・キーン」(Tom Keen)のあらすじを推測してみましょう。いよいよ船の件が大詰めです。

おなじみNBCの動画、「ブラックリスト:知っておくべき3つのこと – エピソード16

[youtube id=”6_taxM7fja8″ align=”center” autoplay=”no”]

1)国家安全保障は法に勝る

トムが、「I’ll make a confession供述する)」と言っています。だから、リズを処罰しないことを約束してくれ、と頼むトム。ところが、連邦刑事補のコノリーが「That deal won’t happenそんな取引はなしだ)」と判事に圧力をかけます。

 

そして、判事は圧力に屈します。かなり怒りながらウィルコックに言っています。

You and I, for all of our accomplishments, remain rather small fish in this deep and dark federal pool.
がんばってはみたが、あなたも私も、国家安全保障という深くて暗いプールの中では、雑魚に過ぎないということだ。

結果的に、リズもクーパーも罪を免れたようです。

「コノリーって誰だっけ?」と思っている方、多いのではないでしょうか?シーズン1第15話「判事」(The Judge)で、クーパーと一緒につかまって処刑されかけた人です。

 

 

2)まだリズを愛してるトム

法廷で、「管理人のユージン・エームズを殺したのは自分の意思であり、リズに責任はない」と判事に告白するトム。「スパイし、売り、裏切り、仕事のために結婚しただけの女性のために?」という判事にトムは「彼女が捕まらないように、何かしなければならなかったんだ」と言います。判事の台詞。

You’re in love with her
彼女を愛しているんだな

 

3)リズが唯一信用する人物

偽証した件で、「君のことはもう認めない、自分のことも」と、リズに言うクーパー。そして、鼻血を出して倒れてしまいます。

病院で、クーパーの妻から脳腫瘍のことを告白されます。「医者には退職を勧められたし、ストレスで症状は悪化する。でも、彼にとっては仕事がすべてだから」という妻に、誰にも言わないと約束するリズ。

その後、リズは病院でクーパーに会い、偽証させたことを謝ります。「チームのためにやったのだろう」というクーパー。そしてリズの台詞。

I certainly couldn’t have survived the last year and a half without you. You’re the only person in the world I completely trust.
ここまでの1年半、なんとかやってこれたのはあなたのおかげです。
私にとって、心の底から信頼できるのはあなただけなんです。

 

クーパー、なんとか治験がうまくいって欲しい・・・。船の件は次回で一件落着のようですね。ウィルコック刑事には気の毒ではありますが。しかし、法廷にまで出てきたトムは、これからいったいどうなるのでしょうか。

『ブラックリスト』に関する記事一覧はこちら:

シーズン1の記事一覧は、こちらから
シーズン2の記事一覧は、こちらから
シーズン3の記事一覧は、こちらから
シーズン4の記事一覧は、こちらから

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る